レシピ / Recipe

肉巻きおにぎり

甘辛で美味しいタレが染みこんだ肉巻きおにぎりは、お酒のお伴にもピッタリ!おとうさんも大喜びの逸品です。

肉巻きおにぎり

今年の父の日は、いつもお仕事を頑張っているお父さんに肉巻きおにぎりを作ってあげましょう。お酒を飲むお父さんにも喜んでもらえる、甘辛で美味しいタレで食べ応えたっぷりの一品です。

お肉を巻く時のポイントは、ギュウギュウにきつく巻かない事。焼くとお肉が縮みますので、お肉が切れたりしてごはんが出て来ちゃいます。巻き終わった後に、全体を握るとお肉同士がくっついてくれます。

中のごはんは何も入れない白ごはんのままでもいいですが、ごはんにも味があると外側のお肉との馴染みもよく、さらに食べ応えがでます。

混ぜ込む漬物は、今回はきゅうりの醤油漬けですが、昆布の佃煮、たくあん、紅生姜などもおすすめです。お父さんが好きなごはんのお供を入れてあげるとさらに喜んでもらえるかも!

材料・分量

分量は4人分です(696kcal = 1人分)
材料 分量
ごはん(温かいもの) 600g
豚バラ肉(切れてない長いタイプ) 16枚(400g)
漬物(お好みの:今回は葉唐きゅうり) 60g
<A> しょうゆ … 大2
酒 … 大2
みりん … 大2
砂糖 … 小2
ごま油 大1/2
塩・胡椒 少々

作り方

  1. <A>はすべて混ぜ合わせておく。
  2. ごはんをボウルに入れ、漬物を入れよく混ぜる。8等分にしてラップ等で俵型に成型する。
  3. 豚バラ肉を広げ、ごはんを巻く内側に塩・胡椒を軽く振る。
  4. (2.) のごはん1個に豚バラ肉2枚で巻いていく。
    まず俵型の縦方向に巻き、その後横に少しずつずらしながらごはんが隠れるように巻く。最後に全体をぎゅっと握るとはがれにくい。
  5. 熱したフライパンにごま油を入れ、(4.) を巻き終わりを下に置いて焼く。全体を転がしながら焼いたら、(1.) をすべて入れ全体に絡めながらタレにとろみがつくまで焼く。
  6. 皿に盛りつけ、お好みでサラダ菜やサニーレタス・大葉・トマトを添える。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記