レシピ / Recipe

手羽元のさっぱり酢―プ

お酢でさっぱりするだけでなく、お肉も柔らかくなるので一石二鳥です。お好みの具でアレンジしてもいいですね。

手羽元のさっぱり酢―プ

桜の花が散って葉桜になると、急に気温が上がって夏日になることも多くなり、さっぱりしたものが食べたくなりますね。

お酢を使ったたれで鶏の手羽元を漬け込み、つけ汁ごと煮てさっぱりとしたスープに仕立てました。お酢を使うことでお肉が柔らかくなり、鶏独特の臭みもなくなります。加熱しているのでお酢のツンと来る刺激もほとんどありません。

食感が楽しい旬のたけのことうま味のある椎茸を合わせましたが、絹さややスナップエンドウなどの豆類、わかめや新玉ねぎなどでも美味しくお召し上がり頂けます。スープは具材を自由にアレンジして楽しめるのも魅力です。具沢山の食べるスープなので、朝食やブランチにもおすすめです。

材料・分量

分量は4人分です(247kcal = 1人分)
材料 分量
鶏の手羽元 8本(約500g)
茹でたたけのこ(水煮) 100g
椎茸 4個(80g)
<A> 酢 … 大さじ1
みりん … 大さじ1
醤油 … 大さじ1

作り方

  1. <A>と手羽元をビニール袋に入れ、空気を抜いて口を結び軽く揉み込んでから冷蔵庫で30分以上漬け込む。
  2. 椎茸は軸と取ってから傘を薄切りにし、軸はいしづきの汚れと固い部分を取り除いて縦に細く割いておく。
  3. 鍋に割いた椎茸の軸と水600mℓ、(1.) を調味料ごと入れて中火にかけ、10分煮る。
  4. 途中、沸騰してきたら椎茸とたけのこを加え、丁寧にアクを取り除く。
  5. 椎茸に火が通ったら器に盛付けて出来上がり。
手羽元は前日夜に漬けておいて、翌朝または翌日調理しても大丈夫です。
お好みで、ごま油をプラスするのもおすすめです。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記