レシピ / Recipe

あさりの炊き込みご飯

あさりのエキスが染みた炊き込みご飯です。ふきの彩りも加えて、見た目にも春らしく仕上げました。

あさりの炊き込みご飯

桜も散り、すっかり春の陽気です。あさりは一年中見かけますが、実は春が旬。潮干狩りが行われるこの時期の、ちょっとひと手間かけた炊き込みご飯です。

あさりをまずは酒蒸しして、そのエキスを使ってご飯を炊きます。このやり方ですと、あさりをさっと蒸すだけなので、あさりが小さくならずにふっくらとしています。

若草の緑が萌え出すこの時期、きれいな緑をプラスして仕上げたいですね。あさりとともに旬のふきをトッピングに加えました。独特な味わいのあるふきも、茹でて小口切りにするとお子様も食べやすいと思われます。ふっくらとしたあさりとふきの独特の触感で、春のいぶきいっぱいの炊き込みご飯です。

材料・分量

分量は4人分です(310kcal = 1人分)
材料 分量
2合
あさり(殻付き) 250g
ふき 1本(70g)
油揚げ 1枚
大さじ2
大さじ2
醤油 大さじ1
みりん 小さじ1

作り方

  1. あさりは砂抜きしておく。
  2. 米は洗い、ざるにあげておく。
  3. ふきは、茹でる鍋の直径ぐらいの長さに切り、板ずりする。さっとゆでた後冷水につけて筋をとり、小口切りにする。
  4. あさりは殻をこすり合わせて洗い、ふたのある鍋、またはフライパン等に入れ、酒と水を加えて蒸し煮にし、殻が開いたらすぐに火を止め、煮汁をこす。
  5. あさりの煮汁のうち、大さじ1ぐらいを (3.) の小口切りにしたふきにかけておく。
  6. 油揚げは油抜きして、太めの千切りにする。
  7. 炊飯器に (2.) の米を入れ、(4.) の煮汁、醤油、みりんを加える。2合のメモリのところまで水を加えたらひとまぜして、油揚げを加えて炊飯する。
  8. (4.) で蒸したアサリは殻から身をはずしておく。
  9. 炊き上がったご飯に (5.) のふきと (8.) のあさりの身を入れて、全体をよく混ぜて出来上がり。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記