レシピ / Recipe

ずんだおはぎ

冷凍の枝豆でも出来ますが、香りの良い生の枝豆が食べられる今こそ作っていただきたいメニューです。

ずんだおはぎ

秋の気配を感じる日々です。まだまだ暑い日もありますが、秋のお彼岸に是非食べたい「おはぎ」のご紹介。

お彼岸のお供えものは、春は「ぼたもち」秋は「おはぎ」。実は二つとも同じものですが、季節によって呼び名が変わります。ぼたもちは春に咲く牡丹の花にちなんで、おはぎは秋に咲く萩の花にちなんで名づけられています。意外と知られていないけど、四季のある日本ならではの季節を感じる素敵な風習かもしれません。

今回は、今、美味しい枝豆を使った「ずんだおはぎ」です。冷凍のゆで枝豆で出来ますが、まだ生の枝豆があるうちに是非作ってみてもらいたい一品です。生の枝豆ならではの、香りがとても美味しい一品です。

材料・分量

分量は4人(小さめ12個)分です(508kcal = 1人分)
材料 分量
もち米 1合
1合
360mℓ
小さじ1/4
【ずんだあん】 枝豆さや付き … 500g
(冷凍のむき枝豆の場合) … (200g弱)
塩(枝豆茹でる用) … 大さじ2
砂糖 … 大さじ4
塩(ずんだあん仕上げ用) … ひとつまみ

作り方

  1. お米を洗って30分程浸水させ、しっかり水を切る。
    水・塩を入れ、炊飯器で普通で炊く。
  2. 炊きあがったら、塩水をつけた麺棒等でお好みの粒感になるように潰し、粗熱が取れたら12等分にして、丸めておく。
【ずんだあん】
  1. 枝豆を洗い、塩大さじ2杯を入れたたっぷりのお湯で10分くらい茹でる。
    (茹で加減はお好みですが、少し柔らかい方が潰しやすいので、8分辺りから様子を見ると良い。冷凍の枝豆も同様にやわらかくなるまで再度茹でるか、電子レンジで加熱する。)
  2. 茹で上がったら、粗熱を取り、さやから出して薄皮もむく。
  3. すり鉢に入れ、少しずつ砂糖を入れながらすりこ木で潰していく。
    仕上げに塩を入れて全体を混ぜておき、12等分に丸める。
【仕上げ】
  1. ラップに【ずんだあん】を乗せ厚さが5mm程度になるように広げ、(2.) をのせて巾着のようにしぼり形を整える。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記