レシピ / Recipe

はらこ飯

鮭のアラの代わりに昆布のおだしをきかせて、旨味たっぷりにいただきましょう。

はらこ飯

まだ続く暑い日々に冷たい物ばかりを食べて胃腸が疲れていませんか?そんな時は温かい炊き込みごはんを作って食べましょう。

今回ご紹介するのは、宮城名物のはらこ飯です。本来は、鮭の身やアラを煮込んだ煮汁で炊くものですが、鮭のアラはなかなか手に入りにくいですので、鮭の切り身と炊飯器のみで簡単に作ります。

アラからのだし汁がない分、旨味を足すために昆布を一緒に入れて炊きます。その昆布もだしがらと思って捨ててしまいがちですが、細く切ってごはんに混ぜ込めば美味しくいただけます。なんとなくもったいないなぁ~でも佃煮にする程の量もないし、と思った時はこんな方法で、いかがでしょうか?

材料・分量

分量は4人分です(633kcal = 1人分)
材料 分量
3合
生鮭切り身 3切
大1
<A> 醤油 … 大3
みりん … 大3
和風だし(顆粒) … 小1・1/2
昆布 3cm角
いくらの醤油漬け 60g
三つ葉 1束

作り方

  1. お米を洗って30分程浸水させて、しっかり水を切る。
  2. 鮭は3~4等分に切り、酒を振りかけて少し置いておく。
  3. お米を炊飯器に入れ、<A>をすべて入れさっと混ぜ、3合の目盛りまで水(分量外)を入れる。(2.) と昆布を乗せ、普通で炊く。
  4. 炊き上がったら、鮭と昆布を取り出しごはんを混ぜる。昆布は粗熱が取れたら、細く切りご飯に混ぜる。
  5. 器にごはんを盛り、鮭といくらの醤油漬けを盛り付け、刻んだ三つ葉をちらす。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記