レシピ / Recipe

うなぎの茶碗蒸し

みんな大好き、うなぎと茶碗蒸しのコラボレーション。濃厚なうなぎとタレの味が、茶碗蒸しを引き立てますョ!

うなぎの茶碗蒸し

7月28日は土用の丑の日です。うなぎを食べて暑い時期を乗り切りましょう!今回は、ふんわりとしたうなぎの蒲焼と、だしを含んだ卵が口の中でほどけていく「うなぎの茶碗蒸し」のご紹介。

うなぎの蒲焼は卵と相性が良く、卵焼きの中央にうなぎの蒲焼を入れた「う巻き」がよく知られているのではないでしょうか。卵を使う茶碗蒸しの具材にも、うなぎの蒲焼はピッタリです。

今回は、仕上げに市販のうなぎのタレをかけるので、茶碗蒸しの卵液の塩分は控えめにしています。うなぎのタレの量はお好みで調整して、塩分が気になる方は控えめに、濃厚さを楽しみたい方は多めにかけてくださいね。

また、茶碗蒸しの中にはもちを入れ、食感の変化を楽しめるようにしました。もちが柔らかい状態のあつあつのうちにお召し上がりください。

材料・分量

分量は4人分です(187kcal = 1人分)
材料 分量
うなぎの蒲焼 1/2匹
もち 2個
3個
<A> 水 … 400ml
顆粒和風だし … 小さじ1
みりん … 大さじ1と1/2
塩 … 小さじ1/4
うなぎのタレ 適量
青じそ 4枚

作り方

  1. 鍋に<A>を入れて中火で熱し、煮立たせたら火を止めて粗熱をとる。
  2. ボウルに卵を割って溶きほぐし、(1.) を加えて混ぜ合わせ、ザルでこす。
  3. もちは8等分の角切りにし、4個ずつ耐熱容器に入れ、(2.) を流し入れる。茶碗蒸し用の耐熱容器であればフタをし、フタがなければアルミホイルをかける。
  4. 蒸し器、または深めの鍋に水を5cmほど入れてフタをし、火に掛けて沸騰させる。(3.) を蒸し器または深めの鍋に並べてフタをし、中火で12~15分ほど蒸し上げる。
  5. うなぎの蒲焼は食べやすい大きさに切って耐熱容器に並べ、ラップをかけて600Wの電子レンジで10秒加熱する。
  6. (4.) にうなぎの蒲焼をのせ、うなぎのタレを回しかける。千切りにした青じそを添える。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記