レシピ / Recipe

変わりよだれ鶏

生の青唐辛子を使用した、よだれ鶏。さわやかな辛みを、お楽しみください。

変わりよだれ鶏

今年の梅雨入りは少し遅かったですが、ジメジメの季節で疲れた体に今度は暑い暑い夏がやってきます!

そんな時には、ピリッ辛くちょっぴり痺れるよだれ鶏を食べて、暑い夏を乗り越えましょう。

今回は、よく見かけるよだれ鶏とはちょっと変わったよだれ鶏をご紹介。この時期だけの楽しみの生の青唐辛子を使用した緑のタレのよだれ鶏です。いつもの赤いタレと違って、さわやかだけどまた違った辛味ですので、お好みで量を調整しつつ挑戦してみてください。辛いものが苦手な方は、しし唐でも似たような辛味なしで頂けます。鷹の爪でも代用は可能ですが、この時期ならではのさわやかな辛味を是非体験してください。

材料・分量

分量は4人分です(216kcal = 1人分)
材料 分量
鶏胸肉 300~400g
<A> 砂糖 … 小1
塩 … 小1
大1
青唐辛子 5本
にんにく 2片
花椒 小1
サラダ油 大2
材料 分量
<添え物> 白髪ねぎ … 適量
糸唐辛子 … 適量
パクチー … 適量
※生の青唐辛子が無い場合は、しし唐または鷹の爪でも可能。ししとうの場合は辛くないので5本くらい。鷹の爪の場合は1~2本。

作り方

  1. 鶏胸肉の厚い部分に少し切込みを入れ、フォークで数か所穴をあける。<A>の砂糖・塩の順番で全体に揉み込む。冷蔵庫で30分~一晩置く。
  2. フライパンより浅い耐熱皿に鶏胸肉を乗せ、酒をふりかけてフライパンに置く。皿の高さの半分くらいの高さまで水を入れ、蓋をして強火にかける。沸騰したら弱火にして10分蒸す。そのまま蓋を外さずに冷めるまで置いておく。
  3. 青唐辛子は小口切りにする。にんにくは輪切りに薄くスライスする。
  4. 小さめのフライパンにサラダ油・花椒を入れ、中火にかける。
    花椒の香りが上がって来たら、(3.) を入れ火を止める。
  5. (4.) が冷めたら、(2.) の蒸し汁(50ml位)を入れ、味見をして味が足りないようであれば、塩で調整する。
  6. (2.) の蒸し鶏をそぎ切りにしてお皿に盛り付け、(5.) をかける。
    お好みで白髪ねぎ・糸唐辛子・パクチーを添える。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記