レシピ / Recipe

除夜の鐘

大晦日、12月31日の夜に神社で行われる除夜祭では、夜通し火がたかれ、お神酒や甘酒が参拝客に振舞われます。この一年を無事に過ごせたことに感謝すると共に、心身を清め、厄を落として新しい年が良い年になりますようにと願い、新しい気持ちで新年を迎える為の準備とされています。

その起源は、神官や僧侶が翌年の幸運を祈って年籠もりの祈祷を行い、寝ずに忌みをして過ごすのが習わしだったという説もあります。
現在では、除夜祭から初詣とそのまま移行するスタイルです。

除夜の鐘はどうして108回?

108回という数字が決まったのは、人間の煩悩が108個あるからだと考えられているところからです。煩悩(人の心を惑わせたり、悩ませ、苦しめたりする心の働き)と同じ数だけ鳴らすことによって、それを消していくのです。

煩悩はどうして108個??

仏教では、人間の感覚器官を6つあるとしています。

眼(視覚)・耳(聴覚)・鼻(嗅覚)・舌(味覚)・身(触覚)・意(知覚)これを「六根」といいます。

この「六根」が感じられるものが好・平・悪の三つに分けられます。

そのため六根が受け取った感覚が6×3で18通りとなります。

さらに、その受け取り方の段階が染・浄の2通りあるとされています。

18通りが2段階で18×2で36通りとなります。

これらの感覚には過去・現在・未来という3つの時間が存在し、それぞれを影響させながら、人間を煩わせるとされ、36通りの感覚が3つの時代から影響を受けるということで36×3で108の数字が出てきました。

つまり、 6×3=18
    18×2=36
    36×3=108  というわけです。

なるほどなと、除夜の鐘を108回鳴らす理由が分かり、除夜の鐘をついてみたいと思った方のために、こんな情報を。

除夜の鐘がつけるところ

  • 築地本願寺(中央区)
  • 増上寺(港区)
  • 善福寺(港区)
  • 浅草寺(台東区)
  • 品川寺(品川区)
  • 新井薬師梅照院(中野区)
  • 法明寺(豊島区)
  • 西新井大師総持寺(足立区)
  • 柴又天釈天(葛飾区)

※2017/12/22現在の情報となります。

主な都内のスポットをピックアップしてみました。事前に整理券が配られるところ、また、購入するところ、開始時間等各お寺のHP等でご確認の上、お出かけください。

お好み焼き

大晦日ならではのゴーンゴーンと深夜に鳴り響く鐘の音は心を清め、穏やかにしてくれます。日本ならではの厳かなひと時のように感じます。

前回の知恵袋へ