レシピ / Recipe

お好み焼き

ベースは小麦粉とキャベツ、それに様々な具材を加えて鉄板で焼いて食べるお好み焼き、関西地方で人気が高い食べ物ですが、家庭で、そして冷凍食品でと日本人に愛されている食べ物のひとつです。

お好み焼き

いつ頃から?

お好み焼きは、安土桃山時代に千利休が作らせた「麩の焼き」から生まれたという一説が有力です。当時は、水で溶いた小麦粉を焼いて味噌を塗ったような物で、お菓子のような位置づけでした。その後、「もんじゃ焼き」、「どんどん焼き」へと進化しました。その後、生まれたのが「一銭洋食」、薄くのばした生地に刻みねぎなどの具材をのせて焼いた料理で、ウスターソースで味付けをしていました。洋食の流行とともに、大正末期から昭和初期にかけて流行しました。その後、千切りキャベツやこんにゃく、もやし、天かす等様々な具材が使われ、まさしく「お好み」で自分の好きな具材で焼くスタイル、「お好み焼き」となりました。

全国各地のお好み焼き

関西風お好み焼き
お好み焼きと言えば、やはり大阪というイメージが強いですが、一概にお好み焼きと言っても、いろいろな種類のお好み焼きがあります。神戸では肉と天かすを入れた「にくてん」や、ぼっかけ(牛すじの煮込み)を入れた「神戸風お好み焼き」、岸和田市の鶏肉と牛脂を具材にした「かしみん焼き」、京都市の「べた焼き」、姫路市ではだしを多く含む生地で食べるもんじゃ焼きに似た「ねり焼き」、卵焼きのようにつゆで食べるスタイルの「どろ焼き」等があります。
広島風お好み焼き
広島にも様々なお好み焼きがありますが、府中市の「府中焼き」が最もポピュラーで、薄めに焼いた生地に焼きそばが入り、そばをカリカリに焼き上げ、コショウが振ってあります。また、「尾道焼き」は、のしいかを四角に切り揃え、天ぷら風にパリパリに揚げたイカ天と砂肝が入っています。
呉市の「呉焼き」は焼いた後、半月に折りたたんだお好み焼きです。
その他各地のお好み焼き
昆布の消費量が日本一の富山では、刻んだ昆布がキャベツのようにたっぷりと入っている「昆布玉」や、静岡県浜松のたくあんが入った「遠州焼き」、 山形県の木の棒状に巻き付けられたアメリカンドッグのような「どんどん焼き」、そして、東京月島の「もんじゃ焼き」等様々なお好み焼きがあります。
お好み焼き

何を入れても美味しいからお好みでという意味から「お好み焼き」と呼ぶ説にも納得ですね。全国各地でお好み焼きの文化が開かれています。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ