レシピ / Recipe

スーパーフード

“スーパーフード”という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?なんだか美容や健康に良さそうな食品だけど、いったいどんな効果があり、摂取方法は?と素朴な疑問を抱く方も多いかと思われます。

スーパーフードとは

スーパーフードが広まったのは、アメリカの医師スティーブン・ブラットの「スーパーフード処方箋~あなたの人生を変える14の食品」(2004年)がアメリカ、カナダで大ヒットし、次第に広まっていきました。この本では、スーパーフードを“健康に良い栄養分をたっぷり含みながら、多くは低カロリーである食品”と定義付けしています。リンゴの皮や野菜を丸ごと食べるというマクロビオテックスの一物全体(ホールフーズ)に近い面もあったりしています。

その後、もう一冊、アメリカでスーパーフードのバイブルと言われているのがデビット・ウォルフの「スーパーフード」(2009年)です。ここでは一般的な野菜というよりもカカオ、ココナッツ、クコの実などのいわゆる“健康食品”というものを取り上げ、単に栄養面で優れているというよりも、むしろ特定の有効成分の含有量が飛び抜けて高いもの、ごく少量で栄養・健康成分を効率的に摂れるものを紹介しています。

ちょうどそのころ、日本でも“アンチエイジング”のブームが始まり、アンチエイジングにスーパーフードが有効という声があがるようになりました。

スーパーフード

栄養のバランスに優れ、一般的な食品よりも栄養価が高い食品

一部の栄養、健康成分が突出して高いもの

食品とサプリメントの間のような食品で料理の素材と健康食品の用途と併せ持つ食品です。

代表的なスーパーフードのご紹介

アサイー
高い抗酸化力をもち、癖がなく食べやすい。ポリフェノールが豊富で、ビタミンE、ミネラル、アミノ酸、食物繊維が豊富。
アサイーボウルなどが有名。
クコの実
薬膳食材として中華料理のデザート、スープ等でも使用。
そのままでも食べやすく、ビタミンが豊富。
チアシード
植物でオメガ3の含有率が高い。水分を含むと膨らむため、おなかの中で膨張するのでダイエットに効果的。
ココナッツオイル
脂肪の燃焼を促進する効果があり、ダイエット効果があると大ブレークしたオイル。母乳にも含まれるラウリン酸がたくさん含まれており、免疫力を高めてくれる。
キヌア
タンパク質、ミネラルが豊富に含まれ、不飽和脂肪酸もバランスよく含まれている。
雑穀として、白米や玄米に混ぜて炊くと食べやすい。
スーパーフード

たくさんのスーパーフードと言われているものがありますが、今回は比較的スーパー等で取り揃えていて、購入しやすいものをご紹介させていただきました。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ