レシピ / Recipe

冬物衣類をしまう

桜も散って、気温の上昇とともに、本格的な春がやってきました。街ではコートを脱いで、パステルカラーのワイシャツやブラウス、Tシャツと、そろそろ衣替えの季節です。

コート

ドライクリーニングに出す前に、まずはブラッシングで表面のほこりを落とします。汚れやすいのは襟や袖、あらかじめ、中性洗剤をつけ、濡らして固く絞った布で拭いて汚れを落としてから、クリーニングに出しましょう。

女性ものの色の薄いコートは襟にファンデーション等の汚れが付きやすいですね。化粧品の汚れの場合、化粧落としの洗顔材を使うと汚れが落ちやすいです。

冬物衣類

ダウンコート

手軽な値段のダウンコートが出てきた昨今、何着も持っている人も多いようです。クリーニング屋さんに出す方も多いかと思われますが、ダウン用の洗剤があり、水洗いできるダウンもあるようなので、ご家庭でクリーニングという方も増えているようです。

ご家庭で洗濯する場合は表示に従います。この場合も、襟や袖、ポケットの回り等をあらかじめ部分洗いをするのがポイント。羽毛を傷めない為にも、脱水は1分程度で。ダウンは乾きにくい為、表裏を数日かけてゆっくり乾かします。フードのあるコートはフードを立てて乾すと、乾きが早いです。半乾きになったところで、軽く叩きながら中の羽毛をほぐすと、よりふっくら感が保てます。

ダウンに限らず、自宅で洗濯する場合は、厚いコート類は乾きづらく、内側にこもりやすい湿気はカビや臭いのもと。表を外側にして乾かした後、裏返にして、さらに干すことが大切です。

ニット類

汚れが落ちてないまま収納するとシミや黄ばみの原因になります。自宅で洗う場合でもクリーニングに出す場合でもまずはシミ等汚れをチェックです。ウール類はシミ等が虫のごちそうになってしまいます。一見汚れてなくても、一度でも着た洋服は洗濯してから収納するようにしましょう。

手洗いマークがあるものは自宅で洗えます。水洗いか洗濯機の手洗いコースで。洗濯機マークがあれば洗濯機で洗えます。ネットに入れて洗うことをオススメします。水洗い不可マークやドライマークがあるものはクリーニング屋さんに出すか、ドライクリーニング用の洗剤で。

自宅で洗う場合、ニット物が伸びないようにふんわりと干すのがコツです。

冬物衣類

花冷え等で意外と寒い日がある4月、冬物をしまうタイミングって意外と難しいです。気温が15度を超えると衣類を食べる虫が忍び寄ってきます。汚れを放置することは虫食いの原因になります。特にカシミア、シルクは要注意!

湿気の多い日に衣替えをするとカビの原因になってしまいます。カラッと晴れた日が続くときに衣替えをしたいですね。そして、クローゼットや押し入れ、収納ケースの中のほこりも要チェック!通気をよくする為にも、ぎゅうぎゅう詰めではなく、8分目の収納を心掛けてください。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ