レシピ / Recipe

「春一番」この時期によく耳にします。「春一番」が吹くと季節の変わり目、強い風と共に春がやってきた!!と感じ、また、冬を知らせる風「木枯らし」等、季節ごとにいろいろな風に名前がついている日本語。そんな風の名前は、俳句や和歌ではたくさん使われています。風の名前をさりげなく手紙やメールの挨拶文に入れると、季節感たっぷりの風景が伺える手紙になりますね。

今月はいろいろな風についてご紹介していきます。

春の風

春一番
立春から春分までの間に初めて吹く9m/秒以上の南風
東風(こち)
春、東から吹く風 別名 春風、春を告げる風です。
東風吹かば匂い起こせよ梅の花、主なしとて春な忘れそ<菅原道真>の歌は春を告げる歌として有名
花嵐(はなあらし)
桜の花の盛りの頃に吹く強い風。
その風で錯乱の花が散り乱れます。

夏の風

薫風(くんぷう)
新緑の頃にそよそよと吹いてくる心地よい初夏の南風。
黒南風(くろはえ)
暗雲がたちこめる梅雨時、暗い雲に覆われる頃吹く南風
涼風(すずかぜ、りょうふう)
2種類の読み方があります。
晩夏の頃に吹く微かに秋の気配を感じる風

秋の風

金風(きんぷう)
秋風、秋に吹く風、稲穂を揺らす風。
昔、秋のことを「金」と表現しました。
野分(のわき)
野を分けて、草木をなぎ倒し、荒れくるう暴風、二百十日ごろに吹く台風を含みます。
芋嵐(いもあらし)
里芋の葉を揺らす風、この風が吹いたら、芋の葉を摘むと良いとされていました。

冬の風

木枯らし(こがらし)
11月ごろ吹く木の枝に残った葉を吹き飛ばしていく風。
隙間風(すきまかぜ)
扉や障子や壁の隙間から細く入り込む冷たい風。
冬凪(ふゆなぎ)
冬の海が風もなく凪渡ること。
風花(かざはな)
晴れている中、花のように雪が舞うこと
風

日本の風の名前は実に2000以上もあります。これだけでもビックリしてしまいますよね。多くは魚師や農家の人がつけたらしいです。四季の移り変わりを太陽や気温、そして風の様子をみて、海に出たり、収穫の参考にしていたりと様子が伺われます。

改めて、日本語は自然に関する言葉の豊かさを感じられます。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ