レシピ / Recipe

お正月遊び

あけましておめでとうございます!

お正月は春の始まり、その年の豊穣をつかさどり、歳神様をお迎えし、お屠蘇とおせちで新年のお祝い。のんびりこたつでぬくぬくするのも良いですが、子供はやっぱり風の子!のんびり過ごすお正月休みも良いですが、大人も子供の頃の気持ちに戻って、子供と一緒に遊びましょう!懐かしい遊びのご紹介です。

羽根つき

羽根つきには魔除けの意味があるそうです。

羽の先についている黒い玉は「無患子」(むくろじ)という木の種で、その字通り、「子が患わない」という意味で、無病息災のお守りと言われています。

元旦に羽をついて厄払いをするということで、江戸時代には年末に羽子板を送っていました。その風習は今でも、女の子の初正月に羽子板を送るという風習で残っています。

福笑い

「笑う門には福来る」楽しい笑い声は家族団らんのしるし。

目隠しをして、おたふくの顔の輪郭を描いた紙上に、眉、目、鼻、口のパーツをおいていきます。さあ、どんな顔になるかな?小さなお子様からお年寄りまで、みんなで簡単にシンプルに遊べ、楽しめることが魅力です。

凧はもともと中国にルーツを持つもので、中国では古い占いや宗教的な要素を持っていました。「立春の季に空に向く養生のひとつ」とも言われ、まじない的な要素も加え、新年の遊びとして多くの人に愛されました。日本でお正月遊びとして定着したのは、江戸時代の後半です。現在でも、凧揚げ合戦等行われ、晴天のお正月の空に上がる凧は風物詩です。

こま

ひねりごま、糸巻ごま、投げごまなど種類は様々ありますが、歴史は古く、エジプトで紀元前1500年ごろのものが発掘されています。

日本への伝来は中国または朝鮮半島からで、奈良時代という説があります。

庶民の遊びとして普及したのは江戸時代以降です。

「ベーゴマ」の人気が高く、2000年に入り、現代版のベーゴマ「ベイブレード」が世界中で大流行しました。

かるた

遊びながら文字を覚え、生活の習慣が身につく「いろはかるた」小さなお子様がいらっしゃるお宅では、是非とも知育の一環の遊びとして、定番の正月遊びとなっているのではないでしょうか。

また、「百人一首」は藤原定家が歌人百人の短歌を一首ずつ選んだもの、学生時代、一度は遊んだ経験があるお正月遊びのひとつではないでしょうか?現在でも「知的なスポーツ」として、認知症予防の効果等が期待でき、お正月には競技かるたの大会、また名人戦、クイーン戦等が実施され、名人が毎年生まれている歴史ある遊びです。

お正月遊び

いくつか、代表的なお正月遊びをご紹介してみましたが、みなさんはお正月どのように過ごされましたでしょうか?

伝統的なお正月遊びは、ルールが単純明快で、幅広い世代で遊べるものが多いですね。一年に一回しか会わない親戚たちと、遊びを通じて会話も広がりそうです。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ