レシピ / Recipe

お歳暮

“お歳暮”(おせいぼ)、よく耳にする言葉です。また、スーパー、デパートのチラシや広告等でも、この時期あたりから、カタログ等を目にする機会が多くなります。

お歳暮

お歳暮の由来

江戸時代、商売の基本は掛け売りであり、「盆と暮れ」に半年分の請求書が来て、それをまとめて支払っていました。この支払いをする際に、たとえば長屋の大家さんに、また仕入れ先に「日頃お世話になっているお礼と、新しい年も宜しくお願いします」という思いを込めて、贈り物を持参しました。この暮に贈り物をする習慣と、年神様や祖先の霊を祭るためのお供物や、正月の準備に必要なものを持ち寄ったのが、「年の暮れの贈り物」として現代に伝わってきました。

お歳暮を贈る時期

正式にはお世話になった「事始めの日」の12月13日から20日までに贈るものですが、最近では11月から、お歳暮商戦が始まり、早めに贈る人が増えているようです。

また、関東と関西では時期が異なるようです。関東では12月上旬から20日ごろ、関西では12月13日から年末までに贈るのが一般的です。

しかしながら、鮭、昆布巻き等お正月用品を贈る場合、年末ギリギリが良いですね。

遅れてしまったら

つい、うっかりお歳暮の時期を逃してしまったら、関東では1月7日までに、関西では1月15日までに「お年賀」とすればOKです。また、相手方のお宅にご不幸などがあって、間もない場合等は時期をずらして、2月4日の立春までに「寒中お見舞い」または「寒中お伺い」として贈ります。

お歳暮のマナー

本来、お歳暮は風呂敷で贈答品を包み、持参して手渡すのが礼儀でしたが、昨今はスーパーやお店から配送してもらうことがほとんどです。

持参しない場合、「送り状」を品物が届くよりも前に届くように郵送しましょう。「送り状」には、日頃お世話になっているお礼やお歳暮を送ったことを記載します。

のしの掛け方ですが、持参するときは包装紙で品物を包んだ上にかける「外のし」、宅配便等で送付するときは、贈り物の箱に直接のしをかけ、その上から包装紙をかける「内のし」が一般的なようです。

お歳暮をいただいても基本的にお返しの必要はありません、ただし、お礼状を出しましょう。親しい間柄でしたら、届いたらすぐに電話やメールでお礼の気持ちを伝えても良いかと思います。

日本独自のお歳暮の習慣、昨今では、仕事がらみではなく、両親やお世話になった方への1年間の気持ちをこめて、品物を選び、贈り物をするような風習へと変化しつつあります。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ