レシピ / Recipe

ひなまつり

3月3日は桃の節句、五節句としての桃の節句はもっとも華やいだお祭り。

もともとは中国の行事から始まったもので、日本の宮中にあった野に出て紙人形で遊ぶ『ひいな遊び』と結びついたものです。今月はひな祭りの歴史とあれこれのご紹介です。

ひなまつり

流し雛

平安時代の厄除けと人形遊びがもとになり、紙や木で作った人形のからだをさすり、身のけがれや厄をうつしてそれを川に流すことで無病息災を願いました。この流し雛がひな祭りの原点です。

ひな人形を飾る風習は室町時代に始まり、江戸時代に今のひな祭りに近い形になりました。

ひな祭り登場人物たち

内裏雛(だいりびな)
天皇と皇后をかたどった男雛と女雛、『お内裏様』は男女一対の呼び名。
関東では左にお殿様、右にお姫様ですが、関西では逆になります。
三人官女(さんにんかんじょ)
宮仕えの女官で、お祝いの白酒を持っています。
楽器や歌に秀でた選りすぐりの才女。
五人囃子(ごにんばやし)
宮中の演奏隊で、太鼓(たいこ)、大鼓(おおつづみ)、小鼓(こつづみ)、謡(うたい)、笛(ふえ)をもつ5人組の少年楽団。
随身(ずいしん)
若い右大臣と老いた左大臣のコンビ、お殿様の付き人
仕丁(しちょう)
宮中の雑用係3人組

なお、昨今は、住宅スペースを考えて、内裏雛だけや小さな五段の木目込み雛人形を飾るのが一般的なようです。

雛人形のお供え物

お雛様の飾りにはお供え物がつきもの、そのひとつひとつには古くからの由来や意味があります。

雛あられ
四季を表す桃・緑・黄・白の四色、流し雛に持っていたことから受け継がれました。
菱餅
桃色、白色、緑色の三色のおもち。
桃は魔除け、白は清浄、緑は健康を意味しています。雪(白)がとけて、木の芽が出て(緑)、花が咲く(桃)という春の訪れを表しています。
白酒
見た目は甘酒と似ていますが、れっきとしたお酒、アルコール分が高く、大人のひなまつりの飲み物です。

いくつになっても、桃の節句が近づくと心が浮き立つもの。女の子にとっては、春に祝う一大イベント、女の子の幸せを祈り、ちらし寿司を食べるのが定番となっています。そして、はまぐりの潮汁、はまぐりの貝殻は、決して他のはまぐりとは形が合わさることはありません。そのことから「夫婦和合」を意味する縁起物となっています。お嬢さまがいらっしゃらないご家庭でも、子供の頃を思い出しながら、ご家族で楽しいひな祭りのひとときをお過ごしください。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ