レシピ / Recipe

夏物のお手入れ

今年の夏は猛暑続きで、身の回りに夏グッズが少しずつ増えてしまった方も多いのではないでしょうか?

そんな暑かった夏ももう少しで去ろうとしています。来年も気持ちよく使えるようにちょっとした夏物のしまい方のコツをアドバイスします。

夏物のお手入れ
夏物衣料
ブラウス、Tシャツ等、家で洗濯可能な衣料についてです。
夏物に多い白い服、襟周りや脇の汗染みや黄ばみが気になるところです。
しみ、黄ばみの原因となる汗や皮脂の汚れをしっかり落として、除菌、除臭も兼ねて漂白剤につけてから、よくすすいでしまうようにしましょう。
帽子
布製のもので、手洗いが可能なものはやさしく手洗いして、型崩れしないように干します。
麦わら帽子は水洗い不可能なので、ブラシでホコリを落とし、内側の部分が汗やファンデーションで汚れている場合、洗剤を含ませた布でたたくようにして汚れを落とします。ファンデーションの汚れがなかなか落ちない場合、化粧落としの洗顔剤を使うのが効果的です。陰干しして、頭の部分に紙やタオル等を詰めて、型崩れしないように収納しましょう。
日傘
明るいところでじっくり見てみると、意外と汚れやシミが目立っていることが多い日傘です。天候の急変が多い昨今、日傘の素材自体が多様化しているため、まず、素材を把握することです。洗えるのは綿や麻の日傘。絹や晴雨兼用の傘、撥水加工をしている傘、細かいレースの傘は生地をダメにしてしまうので洗えません。やさしくブラッシングしてホコリを落として、陰干ししてしまいましょう。
綿素材等の洗える日傘は、全体のホコリをブラシを使って落とし、シャワー等を使って水をかけ、洗剤を使用して軽くブラッシングし、表はもちろん裏もよくすすぎます。骨の部分に付いた水は、よくタオル等で拭いて、風通しの良いところで、半開きの状態で干します。生乾きになったら、全開にして干します。日に当てると色落ちや黄ばみの原因になるので、必ず日陰で。
せっかくきれいにしたのですから収納にも気を付けましょう!風通しの良いところでホコリがつかないように紙(和紙がベスト)に包むのが効果的。ビニール袋は蒸れることがあります。
サングラス
海等に行って使用し、そのままになっていませんか?まずは流水ですすぎ、中性洗剤を指につけてやさしくこすり洗いを。そのあと、洗剤を洗い流し、眼鏡拭き等で優しくしっかりと拭き、専用ケースに入れて保存しましょう。
アクセサリー
一見汚れているようには見えないネックレスやブレスレットですが、汗をはじめとして、海水浴や温泉の酸等でお気に入りの物が変色してしまうこともあります。素材ごとにお手入れ方法が変わりますが、主なお手入れの仕方としては薄めの中性洗剤でさっと洗い、水ですすぎ、柔らかい布でよく拭きとりましょう。
なお、シルバー素材の物、天然石、パール等は水洗い厳禁の場合もあります。
各々の説明書等よく読んだ上でおこなってください。

暑続きだった今年の夏、気が付かないうちにたくさん汗をかいたと思われます。放っておくと黒いサングラスに白っぽいシミが、きっとそれは汗染みです。カラッと秋晴れのお天気の良い日は空気が乾燥しているため、虫干しに最適です。お気に入りの夏グッズを、来年も出したらすぐ使えるように、夏物を綺麗な状態にしてから収納して、本格的な秋をお迎えください。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ