レシピ / Recipe

和食

昨年12月ユネスコの無形文化遺産に「和食 日本人の伝統的な食文化」が登録されました。東日本大震災以来、風評被害を受けた日本食の信頼と回復が取り戻された嬉しいニュースでしたね。

「和食」と一言で表されても、種類も山ほどありますし、幅広いように感じますが、何が世界遺産になったのかな?と思った方も多いのではないでしょうか?世界的にブームになっている“寿司”それとも“天麩羅”?と。今回登録されたのは個々のお料理ではなく、『食文化』として登録されたのです。

和食

その特徴は、

1. 多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重

南北に長い日本の国土、豊かな自然に地域の風土、気候に根差した地産地消

2. 栄養バランスに優れた健康的な食生活

一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルの理想的な栄養バランス、そして、健康的な食生活

3. 自然の美しさや季節の移ろいの表現

食事の場で四季の移ろいを感じさせる演出

4. 正月などの年中行事との密接な関わり

日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。
食の時間を共にすることによって、家族や地域の絆を深めてきました。

日本の年中行事と食文化の中で、今でも根強く残っているのはお正月のおせち料理ですね。
それでは、2番目に出てきた一汁三菜について、触れてみましょう。

一汁三菜とは??

ご飯、汁、主菜、副菜、副々菜と香物からなる五器盛りは、日本の代表的な献立で「本膳」と言われています。一般家庭には、江戸時代末期から明治時代初期に普及しました。献立をたてるうえで、一汁三菜を基本として考えていくと自然に栄養のバランスが良いメニューとなります。

◇献立を決めるのは、意外と悩むものですよね。そこで献立の立て方のヒントをご紹介します。

  1. 主食を決めます。(ご飯、麺、パン等)
  2. 主菜、メインのおかずを決めます。(肉、魚、卵、大豆製品等)素材を決めて、調理方法を考えます。
  3. 2つの副菜は主菜と素材や調理方法が重ならないものを考えましょう。
    主菜が焼きものメニューだったら、副菜は煮物と和え物のいうように、調理方法を変えると調理の上でもスムーズです。そして、2つの副菜を作るのが大変そうな場合、常備菜といわれるものがあるととても便利ですね。副菜類はお浸しや和え物等の野菜中心のちょっした簡単なおかずで十分です。
  4. 最後に汁物を。副菜、副々菜に使用していない素材の味噌汁、汁物等がベストです。
一汁三菜

いざ、文章をみると大変そうですが、バラェティ豊かな調理法と素材を使うことよって、自然とたくさんの食品を摂取できるようになり、栄養のバランスも良く、たんぱく質、脂質、炭水化物の栄養素が保たれ、ご飯がとってもおいしく食べられるようになります。食生活は健康のバロメーターであり、生活習慣病の予防にもなります。外食が多い方も、この一汁三菜を頭の隅に置きながら、メニュー選びをすると良いですね。

和食は、海の幸、山の幸等多様な食材があります。しかもヘルシー素材が多く、季節感をさりげなく取り上げながら、年中行事との密接な関係を持って育まれてきた文化がすなわち『和食』なのですね。
食文化の世界遺産は「フランスの美食術」、「メキシコの伝統料理」、トルコの伝統料理「ケシケク」、スペイン、イタリアの「地中海料理」がすでに登録されています。

来月の知恵袋も引き続き『和食』の基本、だしについて触れていきたいと思います。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ