レシピ / Recipe

七夕(たなばた)

天の川をはさんだ織姫と彦星の恋物語の七夕、ふと空を見上げながら、ロマンティックな気分になれそうですね。七夕飾りをお子さんと一緒に作って、家族で楽しみたい行事です。

棚機(たなばた)
たんざく天帝によって引き離された夫婦だった牽牛(けんぎゅう=彦星)と織女(しょくじょ=織姫)が毎年7月7日の夜だけ会うことを許されたという中国の伝説が入ってくる以前に、日本には『棚機津女』(たなばたつめ)、『乙棚機』(おとたなばた)の伝説がありました。汚れを知らない少女が一人で部屋にこもり、機を織りながら神を迎えて、神に村の災厄民を除いてもらうというもので、“たなばた”はこの棚機からきた言葉と言われています。奈良時代に中国の伝説と日本の棚機津女の物語が合わさって、現在にも続く七夕が生まれたと考えられています。
しちせき
江戸時代になると、桃の節句や端午の節句と並ぶ五節句のひとつとして『しちせき』と言われ、国民の式日と定められたことから庶民に広がりました。
七夕が近づいてくると、それぞれの願い事を短冊に書き、笹竹に結び付けて飾ります。この行事は、習字が上手になるようにと寺子屋などで盛んに行われ、その後、学校などでも学問、技芸の上達を願う行事として広まっていきました。現在でも、短冊や折り紙で折った飾りを笹竹に飾るのが、幼稚園や保育園の楽しい行事となっていますね。
短冊(たんざく)
七夕の歌にも歌われている「五色の短冊」ですが、元々は5色の布が使われていて、その後、紙に代わりました。この5色とは「五行説」からきている色のことで、青、赤、黄、白、紫の5色です。「五行」とは木、火、土、金、水の5つの要素が自然界すべてを司っている考えとのこと。ちなみに、この5色はこいのぼりの吹流しの色にも使われています。
笹竹
織姫と彦星に捧げものをする時の目印として、神聖な植物の笹竹を立てたのが始まりです。日本に七夕が伝わる前から、笹竹は神聖なものとされていて、筍の生長の早さから、魔除けの力をもつものと考えられていました。今でも、土地を清める儀式等に使われています。
七夕飾りは、前日の夜に飾ります。そして、翌日には飾りのついた笹竹を川や海に流すのがしきたりとされていましたが、現在では燃やすか、ごみとして処分します。

ちょうど、梅雨の合間の7月7日、織姫と彦星の話を聞くと、七夕飾りの飾り付けをしながら、テルテル坊主を作って、天の川が見えることをお祈りしたくなります。そして、七夕の夜の夕食は笹巻き寿司やそうめんなどのメニューはいかがでしょうか?そうめんは“小麦粉の収穫時期なので、小麦粉を使ったそうめんを供えた”また、“機織りの糸に見立てた”など諸説があるようですが、季節的にもピッタリですね。星空や七夕飾りの短冊を見ながら、ロマンを求める素敵な夜をお過ごしください。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ