レシピ / Recipe

冬の節電

大寒が過ぎ、暦は春ですが、各地からの雪便りを耳にします。まだまだ、寒い日が続きそうな今日この頃です。

電気料金等が値上げされ、誰もが心がけている節電対策。さらに、今すぐできそうな簡単で暖かさを感じられる防寒術をいくつかご紹介します。

家族団欒
家族団欒
それぞれの部屋ではなく、なるべくリビング等一箇所に家族が集まれば、個々の部屋の暖房、照明もOFF。おまけにたくさんの人が集まると熱気で、暖房の設定温度が低くできます。
そして、さらに鍋料理等を囲めば、暖房いらずです。熱々鍋物は体もぽかぽか、さらに鍋から湯気が出て、加湿器いらずでまさに一石二鳥です。
冷気をシャットアウト
窓からの冷気によって熱が流出します。まずは昼間、カーテン等をあけ、太陽光をめいっぱい取り入れ、陽が落ちてきたら早めにカーテンを閉めて、熱を逃さないようにします。
カーテンを厚めのものにかえ、長さも床まで届くものにすると効果的です。
窓ガラスに断熱シートを張ると二重サッシに近い断熱効果があります。(ただし、窓ガラスの種類によって貼れないものもあるので要確認です)
ファンヒーター等の暖房器具の置く場所を迷ったら窓際に。
空気を循環
暖かい空気は軽く、浮く傾向。特に天井近くのエアコンから出る暖気は部屋の上部にたまりやすく、こんなに温度を上げているのに寒い部屋と感じることがありませんか?そこで、扇風機で部屋の空気をうまい具合に循環させるとエアコンの設定温度を下げることが可能です。
また、部屋の加湿も大切です。湿度が低いと体感温度が寒く感じます。50%の湿度が理想的で、結露もおこりにくいです。
頭寒足熱(ずかんそくねつ)
首を温めると寒さを感じにくいものです。家でマフラーをしているというのも、ちょっと … ですので、部屋着をタートルネックやハイネックのもので首を温めて。タートル等がなかったら、お手軽にタオルを首にかけるだけでも首回りの血流がよくなります。
また、足元、足首を温めるといいですね。家での靴下は厚手の温かいものを。
そしてスリッパも温か素材のもので、ブーツのように足首をすっぽりですとさらに防寒になります。
体内からポカポカ
じっと座ってテレビを見ていたりすると意外と体が冷えてきますね。寒いな??と感じたら、暖房器具の温度を上げるのではなく、首を回したり、座りながら手を振ってみたり足踏みしたり、肩を動かしたり、体を動かしてみましょう。ちょっとしたポカポカ体操です。ブルブルしていると自然と背中も曲がってきます、ちょっと姿勢を正して、1分ぐらい体を動かすだけで、ポカポカとまではいきませんが、ブルッの寒さが吹き飛ぶ感じです。
また、鍋物、煮物、汁物と温かい食べ物のメニュー、そして、生姜、唐辛子、根菜類は特に体をポカポカにしてくれます。

いろいろな節電対策はありますが、家族の一致団結によって、冬はかなりの節電ができそうですね、みんなでワイワイしていると寒さが吹っ飛びそう!お風呂等も一気に続けて入れば、お湯の温かさが持続。

これを機に一家団欒。家族のコミュニケーション、大切にしたいですね。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ