レシピ / Recipe

恵比寿講(えびすこう)

聞いたことはあっても、どういう意味なんだろう?と思う方も多いはず。恵比寿講についてちょっとご説明いたしましょう。

恵比寿様

旧暦の10月は、日本中の神様が出雲に集まり、一ヶ月の会議がもたれる月です。

神様が不在の月ということから「神無月」ともいわれています。

そこで、神様が留守の間、私達を守ってくれるのが恵比寿様なのです。

右手に釣竿、左手に鯛を持った恵比寿神は商売繁盛の福神です。

商家では、床の間に恵比寿様の掛け軸をかけ、食べ物やお酒をお供えし、商売繁盛を祈願します。

恵比寿様

「講」は集まること

商業の神の恵比寿様を祭ろうと始まった行事。旧暦の10月と1月に行われます。人々を集め、酒宴を催し、品物を売り買いするオークションのようなものが景気づけの催しとして行われます。俗に「恵比寿講の売り買い」とも呼ばれています。

地域によっては1月10日や12月8日に行うところもありますが、関東では「二十日恵比寿」と言って、10月20日が一般的です。関西では1月10日に行うことが多いので、「十日戎(えびす)」と言われています。

日本橋恵比寿講「べったら市」

べったら市準備中の日本橋宝田恵比寿神社

東京の恵比寿講のお祭りでよく知られているのが日本橋宝田恵比寿神社で、毎年10月19、20日に行われるお祭りです。

江戸時代中期、恵比寿講でお供えするための神像や小槌等を前日19日に売り始めたのが市の起源と言われています。魚市場が日本橋にあったため、そこで売れ残った魚を干物や粕漬け等にしたものや、野菜、七味唐辛子等も売られ、とても盛況な市となりました。中でもべったら漬けがよく売れたことからこの名がついたそうです。

いつの頃からかべったらが評判となり、売り子は「ソレ、べったら、べったら」と言いながら、麹のついたままの大根を、威勢良く振り回すので、着物に麹がつけられると大変!と注意したものだそうです。その麹にたっぷり砂糖が入っているため、ベッタリと衣服についてしまうことからべったら漬けという名がついたと言われています。

また、第15代将軍の徳川慶喜が好んで食べたことから、べったら漬はすっかり江戸、東京の名物となりました。

現在では

べったら市のご案内露店が約500店ぐらい軒を連ね、人形町や繊維問屋の多い横山町等が近いことから、いろいろな洋品や掘り出し物の露店もたくさん出ています。もちろんべったら漬のお店も多数出店。夜には提灯が灯り、毎年、驚くような人出です。伝統ある東京下町の秋の風物詩の一つです。

寒い時期のお祭りは、夏とは違った楽しさがあります。
露店で買った、あったかい「たこ焼き」などのおいしい食べ物を片手に、お参りするのも日本らしい楽しみではないでしょうか?その時に、昔からのそのお祭りの意味を知ることでもっと楽しめるのではないでしょうか?景気づけに今年は「恵比寿講」に出かけてみませんか?きっと元気がもらえますよ。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ