レシピ / Recipe

お月見

今年は特に九月に入っても残暑きびしく、まだまだ、昼間は真夏の日差しと気温の日々が続きますね。

でも、季節はすでに秋、そして、空を見上げるとすっかり秋の空気が澄んだ空で、日が暮れる時間も瞬く間に早くなり、秋の夜長がだんだん深くなってきました。夜空から、美しい月の光が溢れる長月です。

お月見

十五夜はいつ?

旧暦の8月15日の夜は「十五夜」と呼ばれ、1年のうちで、最も美しい満月である「中秋の名月」と言われています。ちなみに今年はいつもより遅く、9月30日が十五夜です。

旧暦は月の満ち欠けを基準にしていましたので、旧暦の8月15日は必ず満月でした。しかし、現在使われている新暦は、太陽を基準としているため、ぴったり満月ではないこともあります。

中秋の名月とは?

旧暦で7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋、仲秋の真ん中の8月15日を中秋とよんだため、その夜の月が「中秋の名月」と呼ばれてきました。

中国では、唐の時代から、果物や花を飾って、月餅を特別にこの日のために作って名月を観賞する風習が盛んでした。その中国の風習が日本に奈良、平安時代に伝来。宮中での華やかな月見の行事がやがて、庶民にも伝わりました。

江戸時代になると、秋の実りを願って、「五穀豊穣」をお祝いしながら、里芋、芋類を供えることから「芋名月」とも呼ばれています。

月見団子の言い伝え

お月見飾りは、縁側にしつらえた台の上に、すすきを飾り、月見団子や里芋、さつまいもや栗、月餅を飾る風習が江戸時代から一般的でした。

月見団子は地方によって、形や供える数が違います。丸い団子を三方の上に十五子を積み上げるのが一般的です。

この団子を子供たちが盗む風習が昔はあり、盗んで食べた子供は長者になるとか、七件盗んで食べたら、縁が早いとか、子のない人が食べると子宝に恵まれる等と言われました。

そして、盗まれた家でも、備えたものがなくなったのは神がそれを食べたことを意味したくさんの人が食べれば、神様も喜んでくれると考えられていました。

それでは十三夜は?

旧暦の9月13日の月も十三夜と言って、月見をする習慣があります。

今年、2012年は10月27日です。

十五夜の満月に対して、十三夜の月の少し欠けた姿には風情があり、たくさんの歌が残っています。

十五夜に対して、「後名月」と呼ばれています。十五夜を「芋名月」というのに対し、「豆名月」、「栗名月」とも呼ばれています。団子や果物をお供えして、鑑賞しますが、この頃はちょうど収穫期を迎えるのが大豆や栗なので、そのような名前がついたようです。

栗名月のお供え品

十五夜に月見をして、十三夜にはしないことを「片月見」、「片見月」と言って、忌み嫌われました。江戸では、十五夜によその家で、月見の宴に招かれたら、必ず十三夜にも行かなければならないとしていました。

十五夜に月に帰ってしまったかぐや姫の昔話、今でも何だかロマンチックで神秘的な月の世界、1年のうちでも一番美しい月が見られるのがこの時期です。

縁側がなくても、ベランダ近くにお子様とお団子作って飾りながらのお月見、秋の深まりを感じながら、家族で日本昔ながらの季節のイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか?

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ