レシピ / Recipe

世界の朝食

最近の調査で、朝食を食べる子供と食べない子供では前者の方が成績が良いという結果が出てきました。それは大人の仕事に対しても同じことが言えそうですね。

今まで、朝ごはん抜きだった方は簡単なものから始めてみませんか?

日本の朝食

4月は就職や入学等で、家族の環境が変わった時はいいチャンスかもしれません。

朝ごはんに決まったメニューはありません。お好きなもので、手軽に栄養補給できて、素早く食べられるものが最適です。ご飯の和食とパン中心の洋食と一般的に言われがちですが、ちょっとここで世界の朝ごはん事情をのぞいてみましょう!

中国、台湾
おかゆ、油条(ゆうちゃお)(揚げパン)、豆乳等が主な朝食。なお、台湾では、朝食を家で食べる習慣があまりなく、屋台やお店で食べます。
韓国
カクテキ、キムチ、ナムルといった常備菜が豊富なお国柄、朝食もオモニが作った数々の常備菜にご飯。そして、韓国ならではの、具だくさんのお味噌汁、ドジャンクックと朝から、かなりのごちそう。
ベトナム
おなじみのフォー。鶏のスープでだしをとった米粉の麺料理です。
ベトナムでも家で朝食はとらずにバイクで通勤途中に屋台等で食べるスタイル。
インド
マサラドーサ、ドーサとは米やまめの粉の生地をクレープ状に焼いた南インドのスナック。香辛料で味付た野菜等とのセットがマサラドーサです。インド独特のプレートに置かれ、香辛料で味付た具材とともにいただきます。香辛料たっぷりの野菜は私達日本人から見ると朝からカレーって感じがしてしまいます。
3食ともたっぷりの香辛料でいただくのがインドの食事です。
アラブ首長国連邦
ホブス(アラビックブレッド)にオリーブオイルやアプリコット、ローズ、イチジク等のムラッバア(ジャム)をつけていただきます。茹で卵やラブネ(ヨーグルトチーズ)、フェタチーズ(ヤギのチーズ)等も並びます。飲み物はチャイでお砂糖たっぷりの甘いもの。そして、オリーブはいつも食卓に並びます。
アメリカ
シリアルと呼ばれるとうもろこしでできた加工品にドライフルーツ等を入れて牛乳をかけていただきます。別名コンフレークです。これは日本の朝食でもおなじみです。
そして、アメリカンコーヒーにトースト、ハム、目玉焼き等が加わります。
イギリス
ポーリッジ(オートミール粥)オートミールを水や牛乳で煮たおかゆです。ジャムをかけたり果物をのせたりしていただきます。オートミールは食物繊維豊富で栄養価満点の食材です。
フランス
クロワッサンにミルクがタップリ入ったカフェオレです。
カフェオレはボールでいただきます。
イタリア
デニッシュと呼ばれる甘いパンとカプチーノ、昼食や夕食はゆっくり食べますが、朝食はさっと済ませる習慣です。
ドイツ
茶褐色や黒色の豊富な種類のパンが並び、お国柄のハムやソーセージもたくさん並びます。ドイツパンとハムやソーセージの相性は抜群です。
完成

そして、今日から …。
お好きなものを少しでも召し上がって、1日の活力に!そして、この朝の余裕が、日々の暮らしの余裕につながります。
新しい生活、仕事に、朝はとっても大切な時間。「早起きは三文の徳」。これは、いつの時代でも当てはまるようです。では、みなさん元気にいってらっしゃい!

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ