レシピ / Recipe

フライパンって?

ご飯を毎日作っているご家庭では必ず1つはあるフライパン。

壊れることもなかなかないので、買い替えようと思いながらも、
ついつい使っているという方。また、アレコレ見ていると便利そうで、逆にたくさんの種類のフライパンを買って持っている方、それぞれかと思われます。今回は、そんなフライパンに焦点を当ててみます。

フライパン選び

さて、フライパンを買いに、スーパー等の売り場に行くとあまりの多くの種類や大きさがたくさんあるので、どれにしたらいいかと悩む方も多いですね。

フライパンの材質は
鉄、ステンレス、ホーロー、樹脂加工といろいろな材質があります。昨今では、なんといっても樹脂加工のフライパンが人気のようです。一人暮らしを始めようとする方にも、まずは購入するお鍋の一つとしてもおススメです。
サイズ
ご家族がいらっしゃるご家庭では24cm前後の直径で、5cmぐらいの深さのものが一般的です。ふた付きで売っているものもありますが、ふたが別売りとなってる場合が多いです。安いフライパンだとふたの値段が本体と同じぐらいで、ふたがとっても高く感じてしますこともありますが、なんといってもふたがあるかないかでお料理のレパートリーは倍以上違ってきます。ぜひとも、ぴったりとしたふたもフライパンと一緒に買うことをお勧めします。
一人暮らしの方は、まずは一つ20cm前後の直径で、深さも7~8cmぐらいあるものを最近良く見かけます。これを一つふたと一緒に持っていれば、大体のお料理ができるので便利です。
手に取って
お鍋等を買うときは、デザインや色、材質等も大切ですが、実際、手に取ってみてみることが大切です。特にフライパンの場合は取手をもって、持ちやすさや重さ等、手で実感することが長く使うコツです。
また、電磁調理器の方はそれに対応かどうかもポイントですね。

フライパンの使い方

フライパンの調理というと、肉等を炒めたり、焼いたりという調理法を思い浮かべますが、ふたを活用することによって、煮込み料理や蒸し料理も可能となります。

特に素材を焼いて、煮て、水分を飛ばすというお料理にはぴったりの調理器具です。また、水分を入れて火にかけると、広い底面全体から水分が蒸発するので、汁を一気に煮詰めていく料理には最適です。底が広いので、食材を重ねないで、たくさん並べることが可能。煮魚等も広い間隔で並べられるので、煮崩れしない利点があります。

樹脂加工のものは油をひかずに調理できるので、カロリーカットになります。
焦げ付きにくいので、ケーキ等のお菓子作りもできます。
揚げ物ももちろん可能です。

フライパンのお手入れ

使った後のお手入れ次第で、フライパンのもちが違います。

焦がしてしまった場合はお湯で汚れをゆるめて、洗剤で洗い流すか、それでも落ちないときは、木べら等で混ぜながら、少し火にかけると取れやすくなります。焦げが落ちたらあとは洗剤を付けたスポンジで優しく洗います。金だわし等の表面を傷つけやすいものは避けてください。

内側の面を丁寧に洗おうと気遣って、外側に意外と焼け焦げやべたつきがあったりするので、忘れないで洗うようにしましょう。

フライパンの買い替え時期

フライパンの表面に傷が見え、けばだって見え始め、樹脂加工の面がはがれてくると油をひいても焦げてしまいます。そのようになったら買い替え時です。

フライパン一つあれば、美味しいご飯やおかずが簡単に作れます。ぜひ、お家のフライパンの出番を増やして、メニューも増やしてみて下さい。

なお、今月の歳時記レシピ“パエリア”はステンレス五層鍋の28cmのフライパンを使用して作りました。

パエリア

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ