レシピ / Recipe

重陽の節句

今回ご紹介するのは、あまりなじみの無い「重陽の節句」についてです。

起源は古く、とても風流な節句なのでみなさんも是非、楽しんでみてください。

9月9日は『重陽の節句』です。

奇数を縁起の良い数としている中国では最上数の九が重なるこの日を盛大にお祝いしました。

1月1日の元旦、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕と並ぶ、五大節句の一つで、他の節句と同様、中国で始められました。

始まりは、六朝時代に「この日に高いところに登り、菊酒を飲めば、災いが避けられる」として、9月9日になると人々は酒や茶菓をもって、丘や山等高いところに登り、菊酒を飲んで邪気を払って、長寿を願う事から「菊の節句」とも言われていました。

古来、中国では菊の花は不老長寿に結び付くと言われ、9月9日は特に菊の花を浮かべた菊酒を飲むのが習わしとなっていました。

白菊

日本への伝来

平安時代に宮中行事として、菊花宴が開かれ、重陽節としての正式な儀式となりました。

貴族が集まり、歌を詠んだり、「菊を眺めながら、菊酒を飲むと、長寿になる」と言われていました。そして菊の花は、不老長寿の薬として、日本でも信奉されてきました。

『紫式部日記』には

8日の夜に綿を菊の花にかぶせ、翌朝、露に濡れた菊の香りのする綿で肌をぬぐって、若返りを祈願するという「菊綿」の慣習が描かれています。

現在では、ほとんど見かけない風習ですが、いつの時代でも、若返りを願う気持ちは同じですね。

江戸時代になると

「菊の節供」として、庶民にも広がっていきました。そして、不老長寿の菊の栽培が広がり、菊人形展や菊の品評会が開催されるようになりました。現在でも、品評会は見かけます。

明治時代以降

五節句の中では今では一番、影が薄い行事で、言葉だけが残っている状況です。旧暦の9月9日は、現在では10月。菊がまだ咲いていないからなのかもしれません。

菊の花

日本の皇室の紋章です。

仏事の花のイメージがありますが、切り花の花持ちがよい花です。また、海外から輸入され、たくさんの種類があるもっともポピュラーな花となっています。

さらに、食用のものも、スーパーの野菜売り場で見かけます。シャキシャキした食感が香りよく、青菜等と和えると色鮮やかで、独特の大人の味で、秋らしさを味わえます。

暑さが和らぎ、秋風を感じる今日この頃。月の輝きを眺めながら、日本酒に菊の花びらを浮かべて味合うのは風流なひとときです。他の節句にはない、大人の秋の夜長、重陽の節句はいかがでしょうか?

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ