レシピ / Recipe

引っ越しの HOW TO

3月、4月は新たな年度の始まりで、1年の中で最も引っ越しが多いときです。

新しいスタートはうれしいものの、引っ越しは面倒で憂鬱という意見が多数です。

引っ越しの理由は、結婚、転勤、就職など、特に転勤の場合等は、仕事関連の引き継ぎや挨拶、送別会等で忙しく、荷物整理もままならないまま当日を迎える忙しいことが多いようです。少しでも、効率よく、負担にならないような引っ越しとは?

引っ越し準備
なるべく早くから準備を
そうは思ってもなかなか予定通りにはいかないものですが、優先順位を書き出して、段どりよく。どこのお宅にも、ストックしている調味料や冷凍や冷蔵庫の食品があるはずです。それらの食材や調味料をできるだけ減らしていくような献立をたてましょう。特にラスト1週間は日程を決めて、生活の必要最低限のもの以外は早くにどんどん梱包を。それにはやはり、断捨離(だんしゃり)、物の整理が大切ですね。この機会に是非、本当に必要なものを見極めましょう。
業者への頼み方
何社かに見積もりしてもらいましょう。意外と値段が違ったりするかもしれません。
そこで、どこまでお願いするかを決めておきましょう。
また、午後から引っ越しとか近いところの引っ越しでは夕方からがお得なようです。いろいろ聞いてみた方がイイですね。
すべて、業者にお任せも楽そうですが、実は新居に引っ越してから、どこに何があったかわからない!という話もよく聞きます。
荷造りのポイント
引っ越しを決めたら、普段使わないものをどんどん段ボールに詰めていきましょう。そして、詰めた順番に段ボールに番号をふっておくと便利。開けるときは最後の番号からというわけです。その番号を段ボールの側面にも書いておくと、山積みになった時にわかりやすいです。
食器類等壊れ物はエアーパッキンやタオル、新聞紙に包んで梱包を。
新聞紙は引っ越しの際にけっこう役立つことがあるので、捨てないでおきましょう。
食器、本など重いものは小さな段ボールに詰める。そうすると女性でも運びやすいです。スーパー等においてあるミカン箱は横の側面にちょっと穴が開いているので、そこに指をかけると重いものも持ちやすいので意外と重宝です。
小さなお子様がいらっしゃる家庭では、とりあえず、2、3泊の旅行に行くつもりで、バック等に着替えや日常品を入れておくと何かあった時もあわてなくて済みます。
引っ越してから
新居に移ったら、まずはご近所にご挨拶。
向こう三軒両隣、とよく言われますが、集合住宅の場合、両隣と上下の階の方のところに。そして、戸建ての場合も両隣とお向かいの三軒と裏のお家へは最低限ごあいさつに。家族そろって、ごあいさつに行かれた方がいいと思います。お子様の学校が同じになるとか、話が広がり、お付き合いも始まるかもしれません。
やはり、ごあいさつに行くのは手ぶらではなく、ちょっとした手土産を持っていくのがマナー。金額的には500円~1,000円ぐらいのものが一般的。
タオル、お菓子、洗剤、石鹸、お茶等が多いようです。

引っ越しが楽しみ、という意見は少数意見だと思われますが、新転地で気分一新!!また、新しい土地での多くの出会い、大変な引っ越し作業を家族で成し遂げた絆等、ちょっと角度を変えてみると、数々の利点も考えられます。何事も必ず楽しいことが生まれるはず、ぜひ、前向きの姿勢で、引っ越しを乗り切ってください。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ