レシピ / Recipe

医者いらずの風邪対策

冬らしい、寒さが厳しいこの頃。
お身体の調子を崩されていませんか?

昔の人たちは風邪をひいたとき、薬や栄養ドリンクに頼らず、自然にある身近なものを利用して、体をなおしてきました。そんな先人たちの風邪対策の飲み物の一部を紹介いたします。

風邪予防に

番茶に塩をひとつまみ入れてうがい
手洗いとうがいは風邪予防の基本中の基本。
番茶は抗菌作用があり、ビタミンCが豊富。普段、飲むときより濃い目に入れると効果的です。
※昔はうがい薬に、お茶、塩の抗菌作用を利用していました。

風邪かな??と思ったら(風邪のひき始め)

梅干湯
梅干を焦げ目がつくまで焼いて、大き目の湯飲みに入れて、果肉をほぐしながら、みじん切りのねぎを入れて、熱湯を入れて、熱いうちに飲む。
※梅干には疲労回復のクエン酸、抗菌、減菌作用のあるカテキンが含まれています。ねぎの成分、アリシンは体を温め、疲労回復の効果も。
蜂蜜生姜湯
しょうがをすりおろして、しょうが汁を作り、蜂蜜を入れて、熱湯を注ぐ。
※生姜は体を温める効果があり、発汗作用があります。
梅干湯

風邪をひいてしまったら

卵酒
大きめの湯飲みに卵、砂糖を入れて混ぜ、日本酒を熱めに温めて、アルコール分を飛ばし、卵は固まらないように、混ぜながら、日本酒を注ぎます。
にんにく湯
にんにくを皮ごと焼いて、すりつぶし、湯飲みに入れます。少量の味噌を加え、熱湯を注ぎます。
干し柿湯
干し柿を丸ごと湯飲みに入れて、熱湯を注ぎ、柿もそのまま食べます。
葛湯
大きめの湯飲みにくず粉を入れて、熱湯を少しづつ入れて、よくかき混ぜながら、とろみをつけます。すこしづつ入れないと「だま」になるので注意!
※いずれの飲み物も、体を温め栄養効果があるものです。

のどの痛みに

大根飴
大根を乱切りして、蜂蜜をかけて、2,3日おく。大根からでた水分をスプーンでなめると、のどのハレや痛みに効果あります。

せきやたんに

レンコン湯
レンコンをすりおろして、そこに、生姜のおろし汁も加え、しょうゆ等で味付け、くず粉を少々入れて、とろみをつけます。レンコンはビタミンBが豊富。

発熱

すりおろしりんごジュース
りんごをすりおろして、レモン汁を少々加えます。のどごしよく、食欲のないときの栄養源になります。

今回の飲み物を作る素材は、冬が旬のものが多いですね。自然との不思議な関係でしょうか?やはり、風邪かな??と思ったとき、温かい飲み物を飲んで、早めに寝ること。これが寝込まない秘訣かもしれません。

今年もいよいよ、残り1ヶ月を切りました。
元気に新年を迎えるためにも、ご自愛を …。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ