レシピ / Recipe

酉の市

11月の酉の日、関東を中心に各地の神社で行われるお祭りです。“酉の市”と書いて、酉のまちと読む説もあります。

この日は境内を中心にたくさんの露店が並び、大勢の人でにぎわいます。東京の台東区の大鷲神社、目黒の大鳥神社の酉の市が有名です。

一の酉 二の酉って?
「年」にも千支があるように、「月」や「日」にも干支があります。
酉の日は12日ごとにやってきますので、11月6日前に酉の市があるときは、三の市が立つことになります。また、“三の酉まである年は、火災が多い”と言い伝えがあり、その由来は鶏のとさかの色から連想されるなどいろいろな説があります。
始まりは
大鷲神社はもともと日本武尊(やまとたけるのみこ)を祀っていることから、武運長久(ぶうんちょうきゅう)の神として、武士たちの信仰を集めていました。それが、江戸時代になると、農民達が境内に秋の収穫物や農耕具を交換するために市をたて始め、この市が日本武尊(やまとたける)の命日とされる11月の酉の市に行われたことから、「酉の市」と呼ばれるようになりました。
熊手
酉の市といえば、熊手。熊手には福をかき集めるという意味が込められています。
宝船に鶴亀、大判小判に千両箱。おめでたいモチーフをたくさんつけた熊手、もともとは庭の落ち葉等を掃く掃除用具ですが、コレが福と運を「かき込む」ということから、縁起物として登場し、客商売をしている人には欠かせないようになりました。
縁起物の熊手の値段はあってないようなもの。値段交渉も見どころのひとつです。そして、商談成立となると、威勢のイイ「イヨーッ」と掛け声とともに三本締め。コレが、酉の市ならではの、風情です。
熊手は年々、大きくしていく決まりがあります。まずは小さな熊手からのスタートを。
熊手を買ったら
福を取り込みやすいように玄関に向けて、少し高い位置に飾りましょう。また、熊手の正面が北を除く方角に向け、少し高い位置に飾るのがいいそうです。

今年の酉の市は11月7日(日)と11月19日(金)です。両方とも大安なので、縁起がよさそう!

お酉様」が始まるといよいよ年の瀬もそろそろ …。威勢のいい声が飛び交う市で、縁起物の熊手を買うと、何だかいいことありそうですね、きっと楽しいので行ってみては?

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ