レシピ / Recipe

長寿のお祝い

お年寄りの長寿をお祝いする慣わしは昔からあります。

もっとも、ポピュラーなのが「還暦」のお祝いですね。
還暦を初めとして、数々のお祝いがあります。平均寿命が延びた今こそ、しっかり覚えてお祝いの場をもち、お年寄りとコミュニケーションをとりたいものですね。

61歳(数え年) 還暦<かんれき>
長寿を祝う風習は、奈良時代頃からあって、室町時代には定着しました。当時は“人生50年”平均寿命は40歳ぐらいでした。江戸時代になると、数え年で60歳になると、公私ともにリタイヤーするようになり、61歳の還暦のお祝いが人生のけじめとなりました。
生まれた年と同じ干支になることから、還暦と名づけられ、赤ちゃんに還ると言う意味と赤は魔除けの色ということから、家族や親族が集まって、赤ちゃんのときに着ていたような、赤い頭巾とちゃんちゃんこを贈って、無病息災と長寿を祝福しました。
70歳(数え年) 古稀<こき>
中国の詩人「杜甫」の詩、“人生七十古来稀なり”にもとづき、平均寿命が40歳から50歳ぐらいだった江戸時代では70歳まで生きることはまれでした。
77歳(数え年) 喜寿<きじゅ>
『喜』の略字が七を三つ重ねているところにちなんで。扇子に喜の文字を書いて配る習慣もあります。
80歳(数え年) 傘寿<さんじゅ>
『傘』の略字が八十に分解できることから。
88歳(数え年) 米寿<べいじゅ>
八十八と書いて、『米』になることから。
90歳(数え年) 卒寿<そつじゅ>
『卒』の略字『卆』が九十にみえることから。
99歳(数え年) 白寿<はくじゅ>
『百』の字から一をとると白という字になるので。
100歳(数え年) 百寿<ももじゅ>
108歳(数え年) 茶寿<ちゃじゅ>
111歳(数え年) 皇寿<こうじゅ>

数え年とは??

生まれた年の12月までを1歳とし、正月を迎えるたびに1歳づつ、歳を重ねる数え方。仏教では、母のお腹にいるときも命と考えているという説も。

長寿のお祝い

昔、農耕民族だった頃、長寿のお祝いはお年寄りへの敬意とともに、長寿の霊へのあやかりと言う意味あいがあり、村を揚げてみんなでお祝いしました。特に米寿のお祝いは、米寿の人がいると米がたくさんとれると農村地域では盛大に行われました。

長く生きてこられたお年寄り達は人生の大先輩。伝えられてきた「しきたり」を是非、受け継いでいきたいものです。

今年は9月20日(月)が敬老の日。おじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってみてはいかがでしょうか?会いに行けない場合でも、電話やお手紙でもきっと喜んでくれるはずですよ。

おじいいちゃん、おばあちゃんいつもでも元気でいてね!

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ