レシピ / Recipe

中華料理を究める??

現在、日本の食卓ではいくつかの中華料理は、定番のお惣菜となっています。

そして、世界中でどこでも食べられて、日本人の舌に馴染み深い中華料理。

そこで、言葉が通じなくても、メニューを見れば、本場のお料理が美味しく味わえるヒントを紹介いたします。

地方別料理の特徴

国土の広い中国では、気候、風土、習慣、産物によって、料理の特徴が顕著。大きく、4つの区分があります。

※写真をクリックしますと拡大写真がご覧いただけます。
広東料理<カントン>(南部)[酢豚] 拡大して見る [広東麺] 拡大して見る
「食は広州にあり」の広東州です。中国、最南部の海岸に面しており、新鮮な魚介類と豊富な食材に恵まれ、豪華で華やかです。味付けは淡白で、素材の持ち味をうまくいかしています。焼き豚、酢豚、八宝菜など、日本人におなじみのメニューがたくさんあります。
北京料理<ペキン>(北部)
美食家だった孔子の教えの元に、山東料理が土台となり、山東出身の料理人が「宮廷の食文化」を築いてきました。北の厳しい自然状況を反映して、油っこくて、辛みが強い味付けです。“北京ダック”に代表される、量がたっぷりで、豪華な盛り付けが特徴。
[麻婆豆腐] 拡大して見る四川料理<シセン>(西部)
長江(揚子江)の上流の山に囲まれた盆地で寒暖の差が激しく、湿度が高い地方。気候の激しい変化に耐え、体調を整え、食欲アップのために、赤唐辛子、花椒、生姜を使った料理が好まれました。“麻婆豆腐”に代表されるように豆板醤や香辛料をたっぷり使います。本場ではかなり辛いようです。
上海料理<シャンハイ>(東部)
上海を中心とした海に近い地域のため、気候が温暖で、魚介類が豊富。いち早く、海外の料理も取り入れられ、独自の食文化。味付けはさっぱりとした塩味の炒め物、そして、甘くこってりとした醤油煮込み料理に特徴があります。“小龍包”秋の“上海蟹”が有名。

メニューの解読法

基本的な調理法の漢字を知っているとメニューのヒントになります。

  • 炒 (チャオ)強火の一般的な炒め方
  • 爆 (パァオ)高温の揚げ油にくぐらせた後、再び高温の油で炒めること
  • 湯 (タン)スープのこと
  • 蒸 (ヂョン)蒸し料理のこと
  • 焼 (シャオ)炒めた後に煮含めること
  • 炸 (ヅア)揚げること
  • 考 ←火編に考 (カオ)直火であぶり焼くこと
  • 溜 (リュウ)調理したものに「あん」をかけること。つまり、あんかけ料理

中国と同じに漢字を使っている日本人とっては中華のメニューは欧米料理のメニューに比べ、なんとなく予想が出来て、より深く美味しく、楽しめそう?

少しくらい想像と違うものが来てもそれはそれで楽しいものです。

是非、機会があったらチャレンジしてみてくださいね!

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ