レシピ / Recipe

お茶を美味しく

八十八夜

『夏も近づく八十八夜~♪』というフレーズ、幼い頃、茶摘の手遊び歌で、その言葉はよく聞いていたものの、いったい八十八夜って??

立春(2月4日頃)から数えて、八十八日目にあたる5月2日頃のことを「八十八夜」と呼びます。末広がりの「八」が重なるこの日は縁起がよく、この日に摘まれたお茶を飲むと『長生きが出来る』『1年を無病息災で過ごせる』と言い伝えられてきました。

実際、この頃はまさにお茶の旬、柔らかい味の新茶が楽しめます。春になって、芽吹いたみずみずしくて若い葉を摘んで、お茶にしているわけですから、とりわけ美味しいのです。

新茶の美味しい入れ方

① 沸騰した湯を人数分の湯飲みに入れる。そのお湯を湯冷ましにあける。
⇒ そうすることによって、湯温が80度ぐらいになる。
湯冷ましという湯を冷ますための器もありますが、なければ茶碗等で代用。
② 急須に茶葉を2~3人分で大1(約6g)位を目安で入れ、湯冷ましにあけておいたお湯を急須に入れて、1分間蒸らす。
⇒ ここで湯温が70度の適温となる。
このとき、急須をゆらすと苦味が出てしますので、注意!
③ 人数分の茶碗に同じ色、同じ量になるように少しづつ、均等にまわしいれて注ぎ分ける。急須に残さず、最後の一滴まで注ぎ入れること。
急須に水分を残しておくと、せっかくのお茶の成分が抜けてしまい、二煎目が美味しくいただけません。

お茶の種類

  • 煎茶
    緑茶の中で、生産量がもっとも多いのが煎茶。お茶の葉を蒸してもみ、乾燥して作られている。江戸時代に庶民の間で広まった。
  • 玉露
    緑茶の最高峰。直射日光をさえぎって栽培した茶葉で作られる。製法は煎茶と同じで、独特の甘みとうま味がある。
  • 粉茶
    おすし屋さんで出される“あがり”に使われるお茶。煎茶や玉露を作るときに出た粉の部分を集めたもの。熱湯を注いで、濃く入れる。
  • 抹茶
    玉露と同じ方法で栽培した茶葉を蒸して、もまずに乾燥させて、粉末状にしたもの。
  • ほうじ茶
    煎茶用の葉を摘んだ後に残った、硬い葉などで作る番茶を高温で炒って、香ばしさを出したお茶。熱湯を注いで入れる。
  • 番茶
    大きく、かための茶葉や茎で作られたお茶。栄養成分に優れ、甘みがあるのが特徴。
  • 玄米茶
    玄米を炊き、いってから煎茶や番茶とミックス。香ばしさが特徴。
お茶

この時期しか味わえない、丁寧に手で摘み取られた新茶はビタミンCをたっぷり含み、サポニンやカテキンも豊富です。お茶の葉の深緑が鮮やかなこの季節、美しい緑を見ながら、ゆっくりとお茶をいただくと、心落ち着きます。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ