レシピ / Recipe

おせち料理

おせち料理の始まり

もともと、季節の変わり目である“節句”、そのたびに年神様にお供えするのが「おせち料理」でした。

その節句の中でも、もっとも重要なのがお正月。やがて、お正月のお料理を限定して、おせち料理というようになりました。

おせち料理は年神様に供えるためのお供物であるとともに、家族の繁栄を願う縁起物です。

重箱

元々、家族が食べる他、年賀に訪れるお客様にすぐに出せる用という事で重箱につめておくのが一般的でした。

正式なおせち料理は、五段重の四段につめます。しかし、核家族が増えている現代では、三段重が一般的となっています。

  • 一の重:一番上のお重。三つ肴(黒豆、数の子、ごまめ)を。
  • ニの重:酢の物、口取り等
  • 三の重:焼き物、鯛やブリ等
  • 与の重:煮物、ごぼう、里芋、れんこん等
  • 五の重:控え(何もつめない)殻になっているのは現在が最高の状態でなく、将来、繁栄し、富が増える余力があることを示している。

おせち料理の意味と由来

※ ↓下記テキストリンクをクリックしますと写真がご覧いただけます。
  • 黒豆:「まめ」に働き、暮らせるようにとの願いから。魔よけの意味がある。
  • 田作り(ごまめ):小魚を田にまいて肥料にしていたことから、豊作を願い、いわしの稚魚干しを田作りと呼ぶようになった。
  • 数の子:数の子は鰊の卵。そのたくさんの卵にあやかって、子孫繁栄の縁起物。
  • 昆布巻き:「喜ぶ」の語呂合わせ。魚を昆布の芯で巻くことで福を包み込むという意味がある。
  • 酢れんこん:れんこんは穴が空いていて、向こうが見えるので、将来見通しが良い様にという思いが込められている。
  • :めで「たい」の意味。縁起のいい赤色と恵比寿様が釣り上げた魚として、お祝いには欠かせない一品。
  • 里芋:里芋は親芋にたくさんの小芋、孫芋が出来ることから、子孫繁栄の意味が込められている。
  • 伊達巻:卵と魚のすり身を合わせて焼いたもの。伊達政宗の派手さと卵の華やかさをかたどったという諸説も。
  • 紅白かまぼこ:紅は喜び、白は神聖な意味を持つおめでたい配色のなので2色を組み合わせて盛る。
  • 海老:海老の姿のように、腰が曲がるまで、長寿の縁起が込められている。

日本の伝統行事が薄れつつある昨今ですが、お正月ぐらいは … と、おせち料理を何品か用意するご家庭は多いようです。

おせち料理には、それぞれのお料理に意味が込められていて、冬に不足しがちな栄養素も充分取り入れられています。お重がなくても、大皿に盛り付ければ、きれいで豪華ですね。

一年の始まりにふさわしい料理です。神様と一緒に食べる究極のおもてなしのおせち料理を味わってください。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ