レシピ / Recipe

盆踊り

夏休み、近くの公園や広場にやぐらが組まれ、日暮れとともに音楽が鳴り、なんとなくそわそわ …。浴衣や甚平姿で太鼓や笛に合わせて踊る“盆踊り”は、夏ならではのイベントです。

盆踊りの始まり

平安時代の空也上人、鎌倉時代の一遍上人が広めた“念仏踊り”が始まりと言われています。鎌倉時代、伊予国(愛媛県)に生まれた一遍が「南無阿弥陀仏」という念仏を唱えるだけで誰もが極楽で往生できるとする時宗を開きました。そして、念仏を広めるために全国行脚、信州で民衆とともに念仏していると参加者達の気分が高揚し、いっせいに踊り始めたのが始まりといわれています。念仏踊りは災害によって、亡くなった人の魂が安らかにあの世にいけるように願って踊ります。それに室町、江戸時代に流行した伊勢踊り等の要素加わり、お盆のときに、精霊がこの世に戻ってきたのを供養するために踊る仏教行事と念仏踊りと融合し、盆踊りとなりました。

江戸時代になると

歌や三味線なども加わり、地域ごとの特徴が出てきて、衣装等も華やかになり、一層娯楽性の高い夏の行事となりました。踊り方もいろいろスタイルが出てきました。

<行列踊り>は、列を組んで歩きながら踊る「念仏踊り」や「大仏踊り」、代表的なものが「阿波踊り」です。

<和踊り>は、やぐらを中心にして、その周りを踊る、この踊りは古代日本で神様が降りてきたところを中心に輪を作って踊ったと言われています。町内の広場やお寺でよく見られます。

各地の代表的な盆踊り

郡上踊り
岐阜県郡上市。7月中旬~9月中旬、期間中は毎晩「郡上踊りの夕べ」があり、8月の盆の4日間は徹夜で踊りぬく。
阿波踊り
徳島県徳島市。8月12日~15日、乱舞形式での流し踊り。踊りの集団を“連”と言う。
風の盆
富山県婦負郡八百町。9月1日~3日、おわら節で踊るので“越中おわら風の盆”という。優しい女踊りと直線的な男踊りが対照的。
よさこい祭り
高知県高知市。8月10日~12日、よさこい節で、男は鉢巻、女は菅笠で鳴子を持って振りながら、踊る。
盆踊り

また、盆踊りの楽しみのひとつ、“縁日”。たこ焼き、綿あめ、金魚すくい等さまざまな屋台が並び、その音楽とリズムを耳にするとなんとなく足を運んでしまいます。現在でも、旧盆、新盆といわず、夏の最中どこからか、盆踊りの太鼓や歌声が聞こえてきます。“浴衣姿とうちわ”で涼を感じながら、盆踊りの和に入って、日本古来からの伝統行事を楽しみたいものです。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ