レシピ / Recipe

「夏冷え」対策

いよいよ夏本番!“夏冷え”とは、暑い夏を涼しくすごすコツと思われがちですが、そうではなく、冷房の効いた部屋に長く居たり、冷たいものばかり飲んだり、食べたりしているうちに体温が下がり、毛細血管の収縮を起こした結果、全身が血行不良を起こす事。

結果として、体の冷えを始めとし、肩こり、だるさ、頭痛、疲労感、食欲不振等さまざまな不調がおきます。免疫力や代謝がダウンし、これがきっかけで、冬場の手足の冷えを訴える人が多いようです。

人間の体は本来、寒さや暑さに応じて、呼吸や血行を自動的に調節できるようになっていますが、過剰な冷暖房によって、調整困難になってしまうという現代病です。

夏冷えの予防と対策

冷房の利用は控えめに
外気との温度差は5~6度以内に。
30度を超す野外と冷房がきいた室内を行ったり来たりすると手足がひんやりしてきます。5度以上の温度差だと、体の体温調節が難しくなってきます。冷房の効いたところでは上着を着て、体を温めるように。
寝るときは冷房をつけっぱなしにしないで、タイマー機能を上手に使う。
お風呂に入る
特に夏場はシャワーだけという方が案外多いのでは??
その日の冷えや疲れはその日のうちに解消させるのが一番、それにはお風呂に入るのがおすすめ。夏こそ“湯船”です。ただし、冷えてしまったからといって、熱いお風呂に入るのは厳禁!ぬるめの湯(37度~39度位)のお風呂にゆっくりと半身浴がもっとも効果的。
食生活での注意点
暑い時、冷たい飲み物をたくさん飲むと食欲が減退します。冷たい飲み物、食べ物は氷袋をおなかに抱えているようなもの。
汗をかくことが多い夏場はミネラル、ビタミンの消耗が激しいので積極的な補強を心がけて。

知らず知らずのうちに冷えていく体に気がついていない人が結構多いようです。年齢とともに基礎代謝がダウンすることによって、歳をとればとるだけ冷えやすくなります。

昨今は、男性の冷え症が増加傾向。暑がりでビールや冷たいものが大好きで、仕事でストレスにさらされる男性は特に要注意!自覚がないだけにどんどん悪化させてしまうようです。夏本番前に対策を!そして、元気に楽しい夏休みを過ごしましょう。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ