レシピ / Recipe

衣替え

そろそろ夏の装いで、と思ってらっしゃる方も多いはず。「衣替えしなくちゃ」なんて、声もよくきかれます。そもそも「衣替え」とは??

衣替えは宮中の行事として、平安時代に始まりました。当時は、旧暦の4月1日と10月1日に行われていましたが、明治時代に入り、和服から洋服に着るものが変わったことで、政府が6月1日を夏の衣替え、10月1日を冬の衣替えの目安にしたのが今日にまで続いています。現在でも、銀行、学校、官公庁など制服を着用するとところでは、この日を制服の衣替えにしているところが、多いようです。

衣替え家庭で行う衣替えのポイントは

  • 衣類はよく洗ってから収納、汚れは虫食いの原因となります。一度でも着たものは必ず洗って、収納。
  • 湿気が残った衣類は虫がつきやすいので、年に2回は衣類に風を通して虫干し、湿気を取り除く。そのために、衣替えは、天気のいい日に行う。
  • 衣装箱は密閉性のあるものを使い、防虫剤をいき渡らせるために衣類を詰め込み過ぎないようにする。防虫剤のガスは空気より重いので、衣装箱に衣類を入れてから、その上に防虫剤を置いて、蓋をします。洋服ダンスの場合は上につるす。
  • ブーツが下駄箱に今だに入っている人、意外と多いのでは?下駄箱は湿気が多く、秋になって履こうとしたときカビが …。なんて事がありえるので注意!汚れを充分落として、虫干しして、シューズキーパーを入れて、風通しいいところに収納したいものです。

最後に、衣装箱から出した衣類は風の通るところに干し、防虫剤の成分や臭いを飛ばしてから着ることをオススメします。

さあ、皆さん衣替えをして、衣服をチェンジすることによって、季節感を感じながら、生活にメリハリつけていきませんか?

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ