レシピ / Recipe

ハロウィーンって??

10月なかばになると、オレンジ色のかぼちゃのお化けをアチコチで見かけます。海賊や骸骨、ホウキに乗った魔女なども登場しています。ハロウィーンの時の飾りかな??となんとなく納得していませんか?また、ディズニーランドやユニバーサルスタジオでは、はなやかにハロウィーンの催しが行われていますが、いったいどんなお祭りなのでしょうか?ちょっと勉強してみましょう。

ケルト人のサムハイン
キリスト教徒すべての霊を祭る「万零節」の前夜祭のお祭りがハロウィーンです。もともとはヨーロッパのケルト人のお祭りでした。ケルト人の1年には、季節が2つしかありません。11月1日が新年の第1日でした。つまり、10月31日は日本で言う大晦日、夏の終わりを<サムハイン>と呼び、1年の収穫を神に感謝し、死者の霊を弔う日でもあり、仮面や焚き火をして魔よけをしていました。このケルト人のお祭りをキリスト教に取り入れ、10月31日の現在のようなハロウィーンになったと言われています。
いいものくれなきゃいたずらするぞっ!
19世紀にアイルランドやスコットランドからアメリカに移り住んだ移民達がハロウィーンの習慣をアメリカに持ち込み、現在のようなスタイル(イタズラ大好きの子供たちにとってとっても楽しいお祭り)となりました。
ハロウィーンの夜、子供達はそれぞれ妖精、魔女、死神、ミイラなどに変装して、「お菓子をくれないと、いたずらするぞー「TRICK OR TREAT!(トリック オア トリート)」」と大声出して、近所の家のドアを一軒、一軒たたいてまわります。子供たちが来た家では、用意しておいたお菓子を渡し、仮装をほめてあげるのです。たくさんのお菓子をもらって、子供達は大喜び!この変装は、昔ケルト人たちが、死霊や悪魔から身を守るため顔を炭で黒く塗ったのが始まり。現在では、この習慣は悪魔から身を守るのではなく、いたずらの犯人が誰か、ばれないようにするためのもののようです。
ジャック・オ・ランタン
ジャック・オ・ランタンオレンジ色の大きなかぼちゃの中身をくりぬいて、目や鼻、口の形の穴をあけた悪い顔に仕立て、中にローソクやランプを入れて、明かりをつけます。別名“ジャックちょうちん”と呼ばれています。アメリカではジャックちょうちんが、スーパーはもちろん空き地にもずらりと並びます。また、家のドアにはガイコツをぶらさげ、ハロウィーンの飾りで街がはなやかになります。
日本でも1990年ぐらいから、都市部の商業地域などで、ジャックちょうちんが見られるようになって来ました。

ハロウィーンって、何だか日本のお盆と似ているところがあるなぁと思いました。皆様なりのハロウィーンをお楽しみ下さい。

もし、子供たちが「トリック オア トリート!」と家にきたらお菓子をあげてくださいね。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ