レシピ / Recipe

お盆

“盆と正月が一緒に来たようだ”という言葉を耳にしたことがありますよね。昔の日本人は、1年を2つの季節に分けて考え、最初の季節が立春のお正月、次の季節の始まりがお盆だったのです。このことからも昔は、お盆は正月と並ぶ重要な行事でした。

お盆は別名、盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、釈迦の弟子の目蓮が“死んだ母が、地獄に落ちて逆さ吊りの罰を受けて苦しんでいるのですが、どうしたら救われるのでしょうか?”と釈迦に教えを請うたところ、“7月15日に供養しなさい”と言われたという話に由来します。

目蓮がこの日に母親の供養をしたところ、母親は救われて極楽浄土に行くことが出来たことから、盂蘭盆会の行事が生まれ、それが仏教の伝来とともに日本に入り、日本独自の祖先信仰の霊を祭る行事と融合して、正月と並ぶ二大行事として定着したようです。現在のような形になったのは、江戸時代です。

明治以前の旧暦の頃は、7月15日を中心に4日間行われていました。現在では東京など都市部では7月に、その他の地域では8月に行われているようです。

農作業の繁忙期に当たる7月を避けて、ひと月遅れの8月13日から16日をお盆とすることが多くなってきたようです。

お墓参り

お盆が始まる13日の夕方になると、精霊迎えと言って祖先の霊が迷わず帰ってこられるように、家や寺の前で迎え火を燃やします。そして、仏壇の前や野外に盆棚と呼ばれる棚を設け、仏壇から位牌を取り出して置きます。

盆棚には、果物、野菜、ぼた餅、ご飯、水などを供えます。さらにきゅうりで作った馬やナスで作った牛を飾ります。これは祖先の霊が馬に乗って少しでも早くこの世に戻ってきて、帰りは牛に乗ってゆっくり帰って欲しいという願いがこめられています。

16日には、家や寺の門前で送り火を燃やして、祖先の霊の帰り道を明るくして送り出します。このとき、盆棚に供えた野菜や果物などを川や海に流す精霊流しを行います。精霊流しの一種、灯篭流しを行う地域もあります。これは、灯篭にろうそくの火を灯して川や海に流すと、精霊がその灯篭にのって川に下って、海に出てあの世に帰っていくと考えられていたためです。

お盆は祖先を敬い尊んできた日本人にとって、数多くある祖先供養の中で、最も知られた馴染み深い行事の一つになっています。

私の田舎では、さすがに川にお供えしたものを流すわけにはいかず、精霊流しの代わりに近くの公民館へお供えしたものを持っていっていました。母とそこへ一緒に行った事を懐かしく思います。

このような季節の行事、大切にしたいですね。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ