レシピ / Recipe

端午の節句

菖蒲やよもぎを門につるしたり、菖蒲酒を飲んで邪気払いする中国の“端午”と日本の行事“五月忌み”(さつきいみ)が結びついて出来たのが「端午の節句」です。

“五月忌み”とは田植えの始まる前に、早乙女(さおとめ)と呼ばれる若い娘達が、田の神のために仮小屋や神社などにこもって、けがれをはらい清めていたもので、別名“女性の家” “女性天下”などとも言われ、この日だけは女性が威張っていい日とされていました。つまり、もともとは女の子のお祭りでした。

鯉のぼりそれが、男の子のお祭りに変わり始めたのは平安時代からで、この時代、宮中では馬の上から矢を射たり、競馬などの勇壮な行事を行うようになっていました。そんななか、端午の節句で使う「菖蒲」が武事を尊ぶ「尚武」や「勝負」に通じることから、男の子が菖蒲を頭や体につけたり、菖蒲で作った兜で遊ぶようになり、鎌倉時代には、男の子を祝う行事に変わって行きました。

さらに、江戸時代になると、五節供の一つである“端午の節供”に定められ、武者人形を飾るようになり、また中国の「龍門を登って鯉が龍になった」という故事にあやかり、子供の立身出世を願うために鯉のぼりを天に向かって立てるようになりました。そして、5月5日は男の子の節句となったのです。

粽端午の節句に、邪気を祓うため粽(ちまき)と柏餅を食べる風習は室町時代からありました。柏餅「粽」は中国から伝わったもので、「柏餅」は柏の葉は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、子孫繁栄の象徴であるといわれてきました。

現在では、5月5日は“こどもの日”として国民の祝日となっています。男の子の節句として、鯉のぼりや五月人形を飾る風習が各地であります。鯉のぼりは、庭がなくても飾れるベランダ対応が主流となっています。

五月人形の鎧や兜には、男の子を事故や災害から守ってくれるようにとの祈りがこめられています。

最後に、「五月人形の注意点」を。

五月人形

お雛様に比べ、金属部分が多いのが五月人形です。特に金色のところはさびやすく、さびてしまうと、せっかくの人形が台無し!素手で触らず、手袋等をして、出し入れした方が良いですね。ほこりも厳禁!柔らかい布で金属部分を良く拭いて、紙に包んでしまいましょう。

大事に扱って、ずっと受け継いでいきたいものですね。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ