レシピ / Recipe

大根ってすごい!

大根大根は「すずしろ」という名で、春の七草にも入っている古代から日本人に最も親しまれている野菜の1種です。日本の代表的な野菜で生産量は第一位です。冬の寒さとともに甘味とうまみが増し、みずみずしさと食感は今が一番!冬の献立には出番が多く見られます。

煮物、鍋物、大根おろし、たくあん、サラダ、刺身の「つま」などいろいろな味や歯ごたえ、和食の主役・脇役として、欠かせない野菜の一つです。

大根一本の部分を分けると …

鉄やカルシウム、ビタミンCが多く含まれ、たんぱく質も多く、根より栄養が豊富。大根の水分を吸い取ってしまうので、買ってきたらすぐに切り離して保存。味噌汁の具、炒め物、混ぜご飯に。
甘味があってみずみずしい部位。千切りして、サラダや大根おろしなど、生でどうぞ。
中央
柔らかく癖のない味で、どんな料理にもあいます。ふろ吹き大根やおでんなどの煮物はこの部位で。
しっぽ
辛味が強く、筋が口の中に残りやすいので、細かく切って味噌汁の具、または、味がしっかり効いた漬物など。
皮の下に筋があるので、皮を厚めにむいた方が、なめらかな口当たりになります。皮は、千切りにして漬物や炒め物に。

大根は部位によって、食感や味がちがいます。部位を使い分けて、料理との合性を考えて使いこなすと味わいアップは間違いなし!

大根の収穫また大根には、焼き魚の焦げに含まれる発がん性物質を分解するオキシダーゼやお正月の疲れた胃腸の消化を助けるジアスターゼが豊富に含まれています。

この酵素は熱に弱いので、効果的に食べるには、大根おろしが一番。大根おろしのビタミンCは、おろして、時間が経つと減ってしまいます。でも酢を加えることで、ビタミンCの減少を防ぐことが出来ます。

葉や皮まで使えて無駄な部分が無く、栄養分も豊富!優れものの野菜といえるでしょう。寒い冬を大根で乗り切りましょう!

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ