レシピ / Recipe

七五三のあれこれ

「七五三」知っていればお祝い気分もより高まります …。

七五三の由来は?

昔は乳幼児の死亡率が高かったので、7歳になると無事に成長したことをお祝いしました。明治時代になって、3歳の男女は髪を伸ばし始める「髪置き」、5歳の男子は初めて袴をつける「袴(はかま)儀」、7歳の女子は帯を使い始める「帯解き」という儀式が行われるようになり、現代のような風習へと定着したといわれています。

当日までにしておきたいこと

  • 七五三神社でおはらいをしてもらうなら、事前に申し込みしておきます。神社には「初穂料」「御玉串料」と表書きし、紅白の蝶結びの水引をかけた祝儀袋にお金を納めます。(3千円~1万円くらい)
  • 着物のレンタルや美容院、写真館の予約 …、最近は写真の前撮りは普通のようです。当日、子供も大人も疲れない為にはいいかもしれませんね。お得なプランもあるようです。
  • 祖父母も一緒にお食事する場合は、レストランや食材の手配も。お店は個室、和室がお勧め。

無理のないプランが一番!

一生に一度だから、とあれもこれもと欲張りたくなるのが親心ですが、子供にとってきゅうくつなだけとなってしまったらかわいそう。神社も近くにしたり、家に祖父母を呼んでパーティーをしたり、兄弟で1回で済ます等、工夫すれば負担も少なくなります。

あくまでも子供中心でお祝いする気持ちを忘れないでくださいね。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ