レシピ / Recipe

おでんあれこれ …

「豆腐田楽がおでんのルーツ?」

おでんは、室町時代の「豆腐田楽」 が始まりといわれています。その後、串にさした田楽は、江戸時代の食文化の発展とともに、豆腐だけではなく、ナス、里芋、コンニャク、魚と種類も増えていきました。中でもコンニャクは、人気が高かったようです。現在でもダイエット食材として、ブレークしているコンニャクですが、この時代にスゴイ勢いで日本中に広まったようです。

江戸時代に普及した“田楽”が今の“おでん”になるまでの経緯、まだまだ不明です。江戸後期に煮込みおでんが現れたとか、明治に入って、関西で最初に作られたとか、いろいろな説があります。

「関東風と関西風」

おでん

江戸時代の煮込みおでんが明治時代に汁気たっぷりのおでんに変わり、その後、関西に伝わったといわれています。関西に入るとそれまであった「田楽」と区別するため「関東煮」と呼ばれるようになりました。

関東のおでんは、濃い口醤油を使い、黒い汁が一般的です。一方、関西のおでんは、薄口醤油を使うため、一見薄味のように見えますが、味はしかっり付いています。関西といっても大阪、神戸、京都で「だし」も炊き方も、具材ともにだいぶ異なるようです。東京や京都のおでんは、弱火で含め煮に、素材に汁の味を吸わせる炊き方、大阪では強火で炊き、それぞれ素材の味を残すという炊き方違いもあります。いずれにしても全国さまざまな具材と炊き方があり、奥深く、地域性の違いがはっきりと表れています。昨今は、“創作おでん”と呼べる懐石風のおでんを出すお店とか秋葉原で大人気の「おでん缶」、コンビニとさまざまなところで大人気。昔から親しんだ“元祖ファーストフード”そしてまた、“おでん”は奥深いスローフードとも言えるのでは?

それでは、最後に家庭で作るおでんのコツを…。

  1. 大きなお鍋を用意して、たっぷりの煮汁でタネが泳ぐように弱火で煮る。
  2. 大根、コンニャクなどタネは下茹でする。
  3. 練り物は油抜きし、煮すぎない。

冷たい風が吹いてくると食べたくなるみんなの好物「おでん」。身も心も温まる冬のごちそうを我が家流に手作りしてみてはいかがですか?

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ