レシピ / Recipe

9月1日は「防災の日」

家族で確認しておきたいこと、揃えておきたい防災用品

スコップこのところ日本列島のあちこちで地震の被害が伝えられています。「備えあれば憂いなし」と分かってはいても、ついつい目先のことに追われて、いつ起こるかわからない災害への対策は後回しになりがちです。

9月1日は防災の日。大地震が起こったとき、被害を最小限にとどめるにはどうしたらよいのか、家庭でできる防災対策を、ご紹介しましょう。

まず家族で防災会議を開く

災害時にどう行動すればよいか、さまざまな場合を想定しながら家族の役割分担を決め、話し合う機会を設けましょう。自宅にいる場合、あるいは学校や勤務先にいる場合など、それぞれの避難場所を家族全員が確認しておくこと、そして最終的な避難場所、避難ルート、連絡方法を決めておくことが大事です。

家の中、外の安全対策

ブロック塀や屋根、アンテナなどは安全に設置されていますか?必要な場合はしっかり補強しておきましょう。

家の中では、家具の置き方やクーラーの設置の仕方などを点検し、固定されているかの確認を。重い物は下に、棚の上の物は落ちるのを覚悟して置きましょう。家具のガラス部分には飛散防止フィルムなどを張り、ガラスの飛散に備えて寝るときには厚手のスリッパを傍に置くと良いでしょう。また、消火やトイレの排水用にふろの水をためておくことなどが提唱されています。そして、家の中のどこに身を置くのが安全なのかを確かめておくように。高層階の場合は避難方法も確認しておきましょう。

必要なものを用意する

ローソク我が家ではどんなものが必要かを話し合い、用意しましょう。消火、救護活動の助けになるものとしては、一般に消火器、バール、ノコギリ、スコップ、軍手、ロープ、毛布、防水シートなどが考えられます。

また備蓄しておくとよいものとしては、「飲料水(1人1日3リットル)と食料3日分、懐中電灯、電池、簡易ガスコンロ、ろうそく、ライター、ビニール袋」など。

そして非常持ち出し用として、「飲料水、懐中電灯、ラジオ、軍手、ヘルメット、現金、預金通帳、印鑑、包帯や消毒液・三角巾・脱脂綿などの救急医薬品、乾パンなどの非常食、タオル、着替え用の下着・衣類、ポリ袋、かかとの低い革靴、ちり紙」などが、用意すべき物としてあげられます。以上に、それぞれのご家庭に合わせて、ミルクや常備薬、介護用品などを加えて用意するとよいでしょう。両手を使えるように、燃えにくい素材でできたリュックサックに詰めるのをお薦めします。

リュックそして大事なのは、これらの防災用品を日常使う物とは分けて、いざというときすぐ取り出せる場所に用意し、その場所を家族全員が知っていることです。

また、水や食料などは賞味期限があります。定期的に点検することが大切です。

被災経験者は、地震が起きたらまず玄関のドアを開けること、ふろの残り湯をためておくこと、寝床にスリッパを用意しておくことが大事だと声を大にして言っています。この際、我が家の防災対策をぜひ見直してみてください。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ