レシピ / Recipe

野菜の保存法

ご存知ですか?野菜ごとの保存法

買い物をしてきたものは、すべて冷蔵庫へ。そんな方も多いのではないでしょうか?

最近は、働く主婦が多く週末にまとめ買いという方も、大変多いと思われます。まとめ買いして、食材は冷蔵庫で保存。でも、ちょっと待ってください!!!

野菜は、それぞれ保存方法がちがいます。中には、冷蔵庫に入れると水分が取られて、味が落ちるものもあります。スーパーの売り場をじっくり見ると、冷蔵のショーケースに入ってないものもありますよね。主な野菜のベストな保存方法を紹介します。

にんじん
→ 泥つきのものは、冷蔵庫ではなく、風通しのよい冷暗所へ。
じゃがいも
→ 風通しのよい冷暗所で保存。りんごを一緒に入れるとじゃが芋の発芽をおさえることが出来ます。
玉葱
→ 風通しのよい冷暗所で保存。ただ、水分の多い新玉葱は腐りやすいので、冷蔵庫の野菜室で保存し、早めに食べるのが賢明。
きゅうり
→ 洗って、湿らせたペーパータオルで包み、密閉容器に入れます。
トマト
→ 完熟したものは、冷蔵庫へ。赤くないものを冷蔵庫に入れてしまうと完熟しないままになってしまうので、赤くなるまでは、常温で。
レタス、キャベツ
→ 芯をくりぬき、水を含ませたペーパータオルに包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫へ。
大根、かぶ
→ 大根やかぶ等の葉付きの野菜は、葉が付いてると痛みやすいので、葉と根にそれぞれ分けて、ポリ袋に入れて冷蔵庫へ。
ほうれん草、小松菜などの葉物
→ 洗ってから、濡れた新聞紙にくるみ、ポリ袋に入れて冷蔵庫へ。根を下にして、立てて保存したほうが長持ちします。
さつまいも
→ 日のあたらない場所に常温で保存。寒さに弱いので冷蔵庫には入れないようにしてください。

ちょっと手間がかかりますが、せっかくの栄養と味は出来るだけ良い状態で保ちたいもの、頑張りましょう。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ