レシピ / Recipe

節分の豆まきって??

節分とは、ズバリ「季節を分ける日」です。昔は節分と言えば、立春、立夏、 立秋、立冬の前日すべてを節分と言っていましたが、現在では、立春の前日のみを節分の日として伝えられているようです。それだけ、みんなが「暖かい春を待ち望んでいた」と言うことでしょうか?

節分の日には、1年の邪気をはらい、新しい春を呼び起こすという意味でその年の干支の生まれの人や、一家の主が豆をまいたようです。

節分でまいた豆は、歳の数だけ食べると、一年間病気をしないと言われています。しかし、本当は年の数に「プラス1」するのが正式。旧暦では、翌日の立春で1つ歳をとるからです。

豆まきに煎った大豆を使うのは、生では食べられないということもありますが、豆を火で煎って硬くして、鬼を退治しようという理由もあります。

この豆まきの儀式は、中国から伝わったもので、“鬼やらい”ともいわれ、奈良時代に宮中で始まったものです。

節分の日にもっとも縁起のいい方角(恵方)を向いて、願い事をしながら、黙々と太巻き寿司を丸かじりすると、願いがかなうという言い伝えもあります。

話をすると、福が逃げるため、絶対に食べ終わるまで話をしてはいけないそうです。食べ終われば、鬼退治終了!関西地方から伝わった風習ですが、昨今は全国版になってきたようです。

ちなみに今年の恵方は「北北西」です。

鬼は外!福は内!と大きな声で豆まきを。まいた豆のあと片づけも忘れずに。

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ