レシピ / Recipe

重曹の使い方

重曹って、なんだろう?

重曹は、化学名を炭酸水素ナトリウム(重炭酸ソーダ)という、白色無臭のサラサラした粉状の物質です。

薬用・食用・掃除用があり、薬用は医薬品の許可を得たもので、消化を助ける効果があるので、胃薬として、重宝されています。食用は、「ベーキングソーダ」の名称でふくらし粉としてキッチンでおなじみです。最近は、ナチュラルクリーリングの素材として、お掃除用洗剤の売り場でもよく見かけます。

アルカリ性の汚れと酸性の汚れ

お掃除を始める前に、汚れをアルカリ性と酸性のものに分類してみましょう。

  • アルカリ性の汚れ … 水あか・石鹸かす・トイレのアンモニア等。
  • 酸性の汚れ … キッチンの油汚れ・手あか・湯あか等です。

小学校で習った化学を思い出しながら、酸性の汚れには、アルカリ性の洗剤を、またアルカリ性の汚れには酸性で中和させれば、ピカピカに … 。

重曹を使った掃除法

重曹は弱アルカリ性の物質なので、酸性の汚れにパワーを発揮します。

色々な使い方がありますが、まずは、クレンザーとして、使ってみてはいかがでしょうか? シンクのくもり、やかんの焦げ付きがきれいになります。

おまけに素手で使っても、手があまり荒れません。

壁やドアなどの手垢汚れには、重曹を溶かした水に雑巾をぬらして、拭き掃除。重曹に慣れてきたら、重曹を水で溶いて、ペースト状にすると鍋ややかんのしつこいこげつき・ガスレンジや換気扇の油汚れなど頑固な汚れに効果大です。

アルミ、漆器には使わないでください。

また、重曹には消臭効果があるので、箱やガラスの器に入れて、冷蔵庫や下駄箱、トイレの消臭等、手軽に使えます。

今まで使った事のない方も、今年の大掃除をきっかけに使ってみてはいかがでしょうか? 重曹で環境にやさしいお掃除を!

前回の知恵袋へ次の知恵袋へ