レシピ / Recipe

タコとじゃが芋のサラダ

半夏生にちなんで、旬のタコを食べましょう!じゃが芋と合わせてさっぱりとしたサラダに。

タコとじゃが芋のサラダ

7/1は「半夏生(はんげしょう)」です。半夏生とは、夏至から数えて約11日後の雑節のことです。この時期は雨が多いので、農作物がタコの吸盤のように大地にしっかり根付くようにと願い、旬であるタコを食べる風習が関西地方にあり、次第に関東に広まってきました。今週は半夏生にちなんで、タコを使用したおしゃれなサラダをお届けします。

タコは、ビタミンや亜鉛をたっぷり含んだ、高たんぱく、低カロリーの万能食材です。野菜と合わせやすいのもポイント!茹でタコにじゃが芋を合わせ、食欲の落ちやすい、この時期でも食べやすいようにサラダにしてみました。キンキンに冷やしたワインと相性もばっちりです。

材料・分量

分量は4人分です(236kcal = 1人分)
材料 分量
茹でタコ 1パック(約200g)
じゃが芋 3個(約500g)
<A> 酢 … 大さじ2
オリーブオイル … 大さじ3
砂糖 … 小さじ1
すりおろしにんにく … 少々
ドライパセリ … 少々
塩こしょう … 適宜
イタリアンパセリ 適宜

作り方

  1. 茹でタコはスライスする。<A>はボウルに入れ合わせておく。イタリアンパセリは粗みじん切りにする。
  2. じゃが芋は皮を剥いて一口大に切り、柔らかくなるまで茹でる。
  3. 茹でタコとじゃが芋を<A>を合わせたボウルに加え混ぜ合わせる。仕上げにイタリアンパセリを加えて和え、器に盛る。
お好みで、冷蔵庫で少し冷やしてから食べても美味しく頂けます。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記