レシピ / Recipe

サバ缶と納豆のつけ麺

サバ缶を和えるだけのお手軽涼味。納豆も入れて栄養満点のメニューです。

サバ缶と納豆のつけ麺

6月に入り、蒸し暑い日が増えてきましたね。気温が上がると、のど越しの良いさっぱりとした冷たい麺類が食べたくなりますね。今週はサバの水煮缶を丸ごと使った、手軽に美味しい冷やし麺のご紹介です。

作り方は至ってシンプルですので、お家にいることが増える今は、お子さんと一緒に家族みんなで作るのもおすすめです。お手軽に出来るので、平日の忙しい時にもピッタリのメニューです。良質なたんぱく質やEPAやDHCとたくさん含むサバ缶と栄養満点の納豆で、この暑さを乗りきりながら、免疫力をアップさせていきましょう!

これからの蒸し暑い時期に、是非お試しください!

材料・分量

分量は2人分です(646kcal = 1人分)
材料 分量
サバの水煮缶 1缶
<A> めんつゆ(3倍濃縮) … 大さじ5
水 … 大さじ3
納豆 2パック
大葉 4枚
いりごま 宜適
ひやむぎ 2人前 ※そうめんやそば等お好みの麺で

作り方

  1. サバの水煮缶の汁気と<A>をあわせてつけたれを作る。大葉は千切りにする。
  2. (1.) に納豆とサバの水煮缶の身をトッピングし、大葉といりごまをかける。
  3. ひやむぎは表示時間通りに茹で冷水でしめ、(2.) につけながら食べる。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記