レシピ / Recipe

スタミナ納豆丼

タバスコの辛さが病みつきに!甘辛い挽肉と一緒に召し上がり下さい。

スタミナ納豆丼

ここ最近は長期に渡る自粛生活で、疲れやストレスが溜まっている方も多いかと思われます。緊急事態宣言が解除されても油断大敵、感染拡大には引き続き気をつけていかないといけません。

また6月に向けても気温上昇が見られ体調管理にも気を付けていきたい時期です。今週はそんな状況を乗りきる為のスタミナ料理のご紹介です。

「スタミナ納豆丼」は、鳥取県の学校給食として生まれました。現在ではテレビで取り上げられた事もあり、知名度が上がってきているようです。栄養価の高い納豆を甘辛い鶏挽肉と一緒に食べることで、食べやすくなるメニューです。またスパイスで入れるタバスコの辛さが病みつきとなり、ごはんが進む一品となっています。

お手軽なので、お昼ごはんにもピッタリです!お家で過ごす人も、外出しなければならない人も、これからの時期に是非お試しください!

材料・分量

分量は2人分です(587kcal = 1人分)
材料 分量
鶏挽肉 200g
にんにく 1/2かけ
しょうが 1/2かけ
ごま油 小さじ2
<調味料> 酒 … 大さじ1
砂糖 … 大さじ1
醤油 … 大さじ1
ひきわり納豆 2パック
タバスコ 少々
大葉 4枚
ごはん 400g

作り方

  1. にんにく、しょうがはみじん切りに、大葉は千切りにしておく。<調味料>を合わせておく。
  2. フライパンにごま油を熱し、にんにく、しょうがを香りが出るまで炒め、鶏挽肉を加えて更に炒める。
  3. 合わせた<調味料>を加えて全体に味をつけ、ボウル等に移し、粗熱を取る。
  4. (3.) にひきわり納豆、タバスコを加えて混ぜ合わせ、ごはんの上にかけ、大葉をのせる。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記