レシピ / Recipe

菜の花と新玉ねぎのかき揚げ

菜の花の苦みと新玉ねぎの甘さがおいしいかき揚げ。揚げ衣をつける前に野菜に天ぷら粉をまぶしておくのがポイントです。

菜の花と新玉ねぎのかき揚げ

都心でも桜の花を目にするようになり、今年は観測史上最も早い開花宣言となりました。少しずつ春を予感する陽気が増えてきて、たくさんの春ならではの野菜が美味しい時期になってきました。

春の野菜と言えば『山菜』ですが、苦い!調理の仕方が難しい!など挑戦しにくいものが多いと思いますが、菜の花はとても身近で食べやすい春の野菜です。そんな菜の花の“苦み”と、これもまた春に美味しい新玉ねぎの“甘さ”が引き立つ「かき揚げ」をご紹介します。

作る時のポイントは、揚げ衣をつける前に天ぷら粉を野菜にまぶしておく事と、揚げ衣に少しのマヨネーズを加えることです。マヨネーズを加えることでカラッと美味しいかき揚げが出来ます。

油に入れる時には、スプーンを使ってまとまった量を落とす事でばらつかずに綺麗なかき揚げに仕上がります。

菜の花を美味しく食べられる「かき揚げ」を、是非作ってみてください。

材料・分量

分量は4人分です(383kcal = 1人分)
材料 分量
菜の花 1束(160g)
新玉ねぎ 中1個(200g)
天ぷら粉 大3
<A> 水 … 160ml
天ぷら粉 … 100g
マヨネーズ … 大1
適量
適量

作り方

  1. 菜の花は洗って水気をよく取り、2~3cm長さに切る。(花芽のところは長めでも良い。)玉ねぎは、繊維に沿って5mm程度の薄切りにする。
  2. (1.) をボールに入れ、天ぷら粉(大3)を振り入れ全体に混ざるようにさっくりと混ぜる。
  3. <A>の材料を全て混ぜて、(2.) に加え、さっくりと混ぜる。
  4. 170°Cに熱した揚げ油に、スプーンで (3.) をすくって菜箸でずらすように入れていく。
  5. 表面がカラッとしてきたら、取出して油を切る。お皿に盛って、塩をつけていただく。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記