レシピ / Recipe

甘酒パンナコッタ

甘酒の風味ときな粉が香ばしい、優しい味わいのパンナコッタをお楽しみください。

甘酒パンナコッタ

3月に入り、梅から桜の季節に変わりつつありますね。本格的な春ももうすぐそこです。今回は、春を感じる甘酒を使った和風スイーツのご紹介。

ふんわり香る甘酒の風味ときな粉の香ばしさの、優しい味わいのパンナコッタです。ポイントは、ゼラチンを入れるタイミング。ゼラチンは熱に弱く、熱すぎるとタンパク質が変質して固まりにくくなるため、甘酒と牛乳を沸騰直前まで温め、火からおろしてからゼラチンを加えてください。今回は米麹から作られた塩入りの甘酒を使いましたが、一言に甘酒といっても甘みや風味が様々。メーカーによって味も左右するので、ぜひ色々試して、お好みの味を探してみてくださいね。

材料・分量

分量は4人分です(55kcal = 1人分)
材料 分量
甘酒(濃縮タイプ、有塩) 100g
牛乳 100g
きび砂糖 大さじ1
ゼラチン 4g
水(ゼラチンを溶かす用) 20cc
きな粉 適量
(あれば)桜の塩漬け 適宜

作り方

  1. ボウルにゼラチン、水を入れ、しばらく置いてふやかす。
  2. 鍋に甘酒、牛乳、きび砂糖を入れて火にかけ、沸騰しない程度の火加減で溶かし混ぜ、火から下ろす。
  3. (2.) に (1.) を加え混ぜ、器に流し入れる。粗熱をとったら冷蔵庫に入れ、2時間ほど冷やし固める。
  4. (3.) にきな粉を茶こしでふりかけ、あれば桜の花の塩漬け(水にさらし、塩抜きをしてから)を飾る。
きび砂糖は上白糖、三温糖でも可能です。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記