レシピ / Recipe

梅味噌豚しゃぶ

梅干しと味噌の酸っぱ旨いタレが、お肉と相性抜群!味噌はお好みでアレンジして楽しんでください。

梅味噌豚しゃぶ

9月に入り、いよいよ秋も目前。まだ暑い日もありますが、朝晩などは徐々に過ごしやすくなってきましたね。今回は、9月残暑の夏バテにもおすすめ、代謝に欠かせないビタミンB群が豊富に含まれている、“豚肉”を使ったレシピのご紹介です。

豚しゃぶを作るうえでのポイントは、「茹でる時に砂糖を加える」、「沸騰後火を止めてから茹でる」、「氷水でなく流水で締める」、の3点です。

砂糖によって豚肉の保水性をUP、しっとりと茹で上がり、急激な温度変化を避けることでタンパク質の凝固作用を抑え、肉が固くなりにくくなります。

また梅干しと味噌を使ったすっぱいタレがお肉と好相性、さっぱり美味しくいただけます。白味噌、赤味噌、お好みで試してみてください。付け合わせのシャキシャキの空芯菜、きのこ類も楽しいアクセントになります。

これからの移り変わる秋の季節を楽しむためにも、豚肉料理で元気をつけていきましょう!

材料・分量

分量は4人分です(317kcal = 1人分)
材料 分量
豚薄切り肉 400g
生姜(薄切り) 2~3枚
砂糖 大さじ1
<梅味噌タレ> 梅干し … 2個
味噌 … 大さじ2
ごま油 … 小さじ1
すりごま … 小さじ1
空芯菜 1束(150g)
えのき茸 1袋(100g)
エリンギ 2本(150g)
みょうが 2個(40g)

作り方

  1. <梅味噌タレ>は、梅干しの種を除いて包丁で叩き、全体をよく混ぜる。
  2. 豚肉は室温に戻しておく。えのきは石突きを落として半分に切り、エリンギは薄く切る。みょうがは半分に切ってから千切りにする。
  3. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、空芯菜をさっと茹でて5cm長さに切る。同じ鍋でえのきとエリンギも茹でる。
  4. 一度湯を捨て、生姜、砂糖を加えてたっぷりの湯を再度沸かす。沸騰したら火を止め、豚肉を一枚ずつ広げて入れ、色が変わったらざるに上げて流水で締める。途中、湯の温度が下がったら再度沸騰させる。
  5. 器に (3.)、(4.) を盛り、みょうがを添えて、(1.) のタレをかけていただく。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記